Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

こんな本に〜〜〜出会った!

富佐子古本屋でふと手にした本・・・

気楽に読める?

いやいや、50を過ぎて、楽しい楽しい独り暮らし?いや「ひとり時間」・・

タイトルにそそられるものあり・・

というよりも、可能性あるかも?

家族に捨てられ、親父がひとりっきりで暮らす・・50過ぎ!

あああ、かなり悲惨な想像力が働いてしまうけど

実はこの作者は90歳のおばあちゃんなのだ〜〜〜

50歳の時に、御主人が突然がんで亡くなり

その2年後には娘さんが嫁いで、必然的に独り暮らしのスタート。


とにかく、ポジティブ思考・・

楽観的な性格なのか?受け取り方が上手なのか?

とにかく前向き・・

価値観に凄く共感するところありで、大好きになりました。

このおばぁちゃん・・・

調べると結構本出しているんだ〜〜〜〜

まだ元気でひとり暮らしを楽しんでいるのかな?

少々、本の中から引用しておきます。


世の中には、人生はそれほど楽しくないと感じている人もいっぱいると思うが、

くよくよしても良い人生になるわけではない。

それなら、くよくよするのは止めて

前向きな考えで生きた方が良いと思うのである。

気分次第でどうにでも変わる日常を、深くかみしめるべきだろう。

三津田富佐子さん、今年94歳?素敵な方です。
  • 2010.11.17 Wednesday
  • 10:41

映画・本

終わらざる夏 上下

終わら01終わら02



読書倶楽部でもすでにコメントしましたが、今年の7月に出たばかりの浅田次郎

「終わらざる夏」上下、読み終えました。

最初のうちは、様々な登場人物が多すぎて・・・あちこち話が飛ぶんで・・

そのつながりが理解できなくって、なかなか読み進むことができませんでした。

でも、次第に・・あああ、これっていずれは全部の登場人物はつながっていくんだ。

何処で?

いつ?

そう頭で想像するようになってくると、すでに浅田さんの術中にはまっていました。

南部言葉?これは壬生義士伝に出てくる、吉村貫一郎?

やくざなおじさん・・・これって、椿山課長のあの親分?

優しい親思いの子供・・・泣かせます。これって、あの鉄道員の娘の霊?

いろいろ出てきます。

ほんと、途中で何度もぼろ泣きしました。涙で文字が見えなくなりながら

読み進んでいました。

最後は最後は・・・・・そう、今朝?ロシアのメドベージェク大統領?名前間違ってませんか?

どうでもいいけど、北方4島は歴然たる日本の領土!!!に上陸?


その遥か北、カムチャッカ半島から12キロしか離れていない島「占守島」での出来事。

ショックです。マジでこんなことが?でも、悪いのは・・・・・・

amazonに動画がありました。宣伝のためではありませんが、どうぞ! 

http://www.amazon.co.jp/gp/mpd/permalink/m15NC0J8I963A4/ref=ent_fb_link

  • 2010.11.01 Monday
  • 16:39

映画・本

読書の秋

神の手01神の手02















読書の秋・・・秋の夜長を鳴き通す??違った。

以前から読みたくって、今年出たばかりの新刊本だけど

オークションに出てくるのを待ってゲット!

一気に読みました。

安楽死をテーマに、医療体制への問題提起!

マスコミを利用した、賛成派と反対派の戦い。

黒幕は誰だ?

医師会解体!

安楽死法案成立!

・‥…・・・★

ドクターが書いたフィクションだけど、あまりにもリアルです。

でも最後は・・・・

それとオランダの現状は?

日本では?
  • 2010.09.30 Thursday
  • 09:40

映画・本

輪違屋糸里〜壬生義士伝

輪違屋01輪違屋02
壬生01壬生02
大河ドラマの龍馬伝
その裏で新撰組は・・・・

またまたはまってもうた本です。

映画化されているので、映像で観るのが又楽しみです。

読みたい方どうぞ!
  • 2010.09.24 Friday
  • 16:36

映画・本

映画鑑賞

なななんと、夫婦二人でトイストーリー3を観るなんて・・・

ある事情からそういうことに・・・本当は別のを観る予定だったのが

時間調整で・・・・でも、結果的には元の予定でも良かったんだけどな〜〜

後の祭り・・・

いやあ、これがどうして、素晴らしいできの映画ですよ。お勧め!

我が家もちょうど二人の娘がいない状況で、そしてつい数ヶ月前に

上の娘が部屋を片付けて荷造りしていた状況を思い出し・・

夫婦二人してウルウル・・・・おまけに小さい時の思い出が

次から次へと思いだされて。ううううん・また遺憾遺憾


娘たちのどっちか片方がいない状態はとってもさみしいけど

二人ともいないと、そうでもないな〜〜〜なんて強がりを言っていた

奥さんではありましたが

オーマイガット・・・

そして最後のエンディングロールでは、なんと

ジプシー・キングスの曲が流れてきました。・・これまたグットデス!

お勧めです。

  • 2010.08.22 Sunday
  • 17:16

映画・本

珍妃の井戸

珍ぴ
立秋はとっくに過ぎたというのに、連日猛暑日が続いております。

皆さん、体調壊してませんか?

こうなるとエアコンは必需品。熱中症対策には欠かせませんね。

それでも我が家では寝るときには窓全開でエアコンなしです。

最近は少しだけ夜は涼しくなったような、なってないような?

・‥…・・・★

先日から読んでいた「珍妃の井戸」読み終わりました。

「蒼穹の昴」の続きみたいな内容で、なかなか興味深かった。

西太后の命令で井戸に突き落とされて死んだとされる

光緒帝の最愛なる美しい妃・・・・・

その死の真実は誰も知らないのかも?分らない。

・・・・・・・・歴史というのはほんとうはどうなのか?

分らないものかも?

さて、次は何を読もうかな?

・‥…・・・★

ところで、下の娘からの電話・・・

とにかくまさしくカルチャーショック!状態。

同じ世代の子たちのたくましさ、一生懸命さを

生で見ることで、凄い刺激をもらっているようだ。

そうよそうよ、それを体験させたかったのさ!

日本にいると分らないこと。沢山お土産に持って帰ってきて!
  • 2010.08.20 Friday
  • 09:41

映画・本

クレオパトラ

くれお01くれお02

外国の話は登場人物の名前を覚えるのが一苦労・・・・

特に読み始めは誰が誰だか分かん状態で読み進んでいて

話の展開が理解できんで読んでます。

今回もプロレマイオス王朝のクレオパトラだけでも大勢いますね。

7世ですか?かの有名な女王は

篤姫を書いた宮尾登美子さんの作ということで

女性の生き方に重点を置いた話の展開。

でも、戦での戦い方等、司馬遼太郎に通じる?描写もありで

なかなか読みごたえありました。
  • 2010.08.12 Thursday
  • 17:38

映画・本

読書倶楽部〜掲示板へどうぞ!

先日から読書倶楽部入会者?が目白押し?

急きょ掲示板を作りましたので、そちらで情報交換しましょ・・

読書倶楽部→

・‥…・・・★
それよりも今日はこれですよね。
やりました侍ジャパン!!!ついに決勝リーグへ気持ちよく決めてくれました。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )


ガッツポーズの岡ちゃんですy・・

世界のエンジン!? 本田の姿が、なんとなくこの前の北朝鮮戦の

ロナウドの姿とダブって見えたのは、私だけ?

okatyan
  • 2010.06.25 Friday
  • 15:33

映画・本

またもいい出会い

最近は夜が明けるのが早い。早すぎる!

新聞屋が我が家に配達に来るのが4時半過ぎ・・・

そして間もなく外は明るくなり、5時にはすっかりと夜が明けている。

今朝は天気よかったので余計に早く感じた。

5時過ぎに起きるのが遅い!そう感じる今日この頃・・・

早朝ランといえども太陽はすでにギンギンに顔を出し日焼け・・

サングラスも必要か?と

ところで、今回の読書クラブ推奨??
ちょっと古いけど、古本屋で見つけた4冊・・
これがどうして、素晴らしい本でした。またまたいい出会いでした。

まるで、「1Q84」に通じるような・・・・

ひょう01
ひょう02
表03
ひょう04













「原罪」という重たいテーマを取り上げて、様々な家族の感情
そして、恨み、憎しみ、そして愛・・

この本に出てくる・・

「一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて

われわれが与えたものである」
という、ジェラール・シャルドリの言葉

・・・・・・・・・・・・・・

これは何としてでも娘に読ませたい本だ。
  • 2010.06.22 Tuesday
  • 12:02

映画・本

railways



49歳で大手企業を希望退職・・・

そして、小さい時の夢であった、電車の運転手になる?

自分の生き方

仕事のこと

娘のこと

お袋のこと

奥さんのこと

全部、家族のことを、考えさせられました。

なかなかいい映画です。
  • 2010.06.01 Tuesday
  • 20:41