Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

またもいい出会い

最近は夜が明けるのが早い。早すぎる!

新聞屋が我が家に配達に来るのが4時半過ぎ・・・

そして間もなく外は明るくなり、5時にはすっかりと夜が明けている。

今朝は天気よかったので余計に早く感じた。

5時過ぎに起きるのが遅い!そう感じる今日この頃・・・

早朝ランといえども太陽はすでにギンギンに顔を出し日焼け・・

サングラスも必要か?と

ところで、今回の読書クラブ推奨??
ちょっと古いけど、古本屋で見つけた4冊・・
これがどうして、素晴らしい本でした。またまたいい出会いでした。

まるで、「1Q84」に通じるような・・・・

ひょう01
ひょう02
表03
ひょう04













「原罪」という重たいテーマを取り上げて、様々な家族の感情
そして、恨み、憎しみ、そして愛・・

この本に出てくる・・

「一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて

われわれが与えたものである」
という、ジェラール・シャルドリの言葉

・・・・・・・・・・・・・・

これは何としてでも娘に読ませたい本だ。
  • 2010.06.22 Tuesday
  • 12:02

映画・本

railways



49歳で大手企業を希望退職・・・

そして、小さい時の夢であった、電車の運転手になる?

自分の生き方

仕事のこと

娘のこと

お袋のこと

奥さんのこと

全部、家族のことを、考えさせられました。

なかなかいい映画です。
  • 2010.06.01 Tuesday
  • 20:41

映画・本

神の器

kami01kamimi02

昨日の日曜日はランザカップの予定が、悪天候のため・・
実際には午前中は何とか雨・風もさほど降らず出来たかも??

いやいや、最近の天気予報はあまりあてになりません(>_<)

で、午前中は久々に元気クラブのジムで汗を流す。

お風呂に入って、うちでゆっくりと読みかけの本を読んだ。

貴重な時間・・・やっと読み終わりました。

時代は秀吉から家康へ・・・そして家光辺りまでの間

朝鮮から強制的に連れてこられた陶工の生きざま。

まさしく日本で偉大なる功績を残した人です。

焼き物に興味はあったものの、言葉の難しさに・・・・・これは

勉強しないと難しい!

ということで、言葉のリンク集を急きょ作りことに・・

・‥…・・・★参考までに、読んだ方には分る!興味ある方は本貸しますよ。
(ランザ読書クラブ)

神の器、言葉リンク?
  • 2010.05.24 Monday
  • 15:18

映画・本

鬼道の女王 卑弥呼

ひみこ01ひみこ02







久々に本のネタ・・・

何気に古本屋で見つけた本です。

読み進むうちに、舞台となるところが九州

それも福岡県内・・・・・


更に、邪馬台国の周辺の国・・・

ヤス国=夜須?

トソ国=鳥栖?

奴国=福岡市辺り?

伊都国=糸島辺り?

オカ国=北九州あたり?

宇佐国=大分

狗奴国=熊本

隼人国=鹿児島

などなど

もちろん、わずかな史実をもとにしたフィクションではあるものの

黒岩重吾の世界に、すっかり引き込まれてしまいました。


卑弥呼の側近中の側近・・ミチゴメは、宦官だった!??
  • 2010.04.22 Thursday
  • 10:45

映画・本

ちょっと驚き!

北さん

先ほどラジオを聴いてると、ブチカ★に北★修が出てました。

???え??なんで?

えええ

そう、あの北★修・・・です。この写真の・・

なんと、今福岡にいるなんて〜〜知りませんでした。

それも九大の大学院の教授だそうで・・・

これまたびっくりでした。えええ?とすると

なごやんの同僚??

これまたびっくり・・こんなことブログで書いていいのかな?

そして、彼は間もなく定年で退職だそうで・・・

なんだか、マジでびっくりしました。ここだけの話(>_<)
  • 2010.03.02 Tuesday
  • 18:26

映画・本

感動をありがとう!

figia









4年に一回のアスリートの晴れ舞台・・

ここで、メダリストになるのは更に選ばれし

数少ないもののみ!

そして、その頑張りで世界中の人々を感動させることは

なんと凄いことか?

本当に、感動をありがとう!

メダルの色はいろいろだけど、

キム・真央ちゃん・ロシェット

それぞれに魅せてくれた感動は、すべてが金メダルです。

  • 2010.02.27 Saturday
  • 11:33

映画・本

これぞピアニスト!及川

及川

昨日、娘と一緒にピアノコンサート

アクロスのシンフォニーホールへ出かけてきました。

プログラムで見た曲目が気に入ってのこと。

リストの「愛の夢」に「ラ・カンパネーラ」

そして、ショパンにラフマニノフ・・・

・‥…・・・★

この方、最初にステージに現れた時に、駆け足でピアノまで・・

そして、椅子に座るなり、いきなりもう弾き始める。

それも、飛ぶわ!跳ねるわ!立ち上がるわ!すごい迫力!

スタンウェイが壊れそうなくらいに弾きたたく!!!!そりゃすごい!

最初っから最後までこの迫力に圧倒されっぱなし。

弾いてるときに、手が指が消えていました。動きが速すぎて!

いやぁ、娘も絶賛してました。めでたしめでたし〜〜

・‥…・・・★

そんな夜が明けて、今朝のラン・・

久々に海岸線、砂浜ランをしたら・・・・あらあらこんな状態!
ごみく
打ち上げられたのは、魚もだけど、すごい量のごみです。

こんなごみが海の中漂って、そして流れ着いて、打ち上げられているわけで

考えちゃいますね〜〜〜〜全く!
  • 2010.01.30 Saturday
  • 17:12

映画・本

仕事の合間に(-。-)y-゚゚゚

ショパン







下の娘の今度の課題曲・・・
ショパンは天才やね〜〜〜〜
エチュードって練習曲なんだと・・・革命や


革命

そしてよく、こんなん弾けるな・・・と感心です。
昨日、楽器やで楽譜を仕入れてきました。

ところで、今日は暖かいです。

今仕事部屋で暖房なしでも16度あります・・・

あああ、春だね〜〜〜〜こうでなくっちゃね。

・‥…・・・★

話はどんどん飛んで・・・飛んで?

この前浅田次郎の作品の話の時に

ikeBさんから教えてもらっていた「蒼穹の昴」

文庫本の3冊目を読み終わり・・・最後の4冊目

蒼穹

いよいよクライマックスに差し掛かり、更にわくわくドキドキ

読みたくて読みたくて、でも仕事たまってるし〜〜〜とジレンマです。

BShではすでに25週のうち、3週目の放映が終わっていました。

かろうじて放映の先いってます。

とにかく、面白いです。坂の上の雲の時代と並行しているのも
また興味津々です。

しかし、浅田次郎ってこういうのも書くんですね。作家ってすごいね。
頭の中を見てみたい。

蒼穹の昴(NHK)
  • 2010.01.19 Tuesday
  • 15:24

映画・本

利休にたずねよ

rikyu

先日読んだ「火天の城」

あの作家の本で、「利休にたずねよ」

まさしく千の利休の話・・・

だが、実に面白い!

彼が出会ったたくさんの人物との会話・・そして気持ちの動き

そして、女性の存在

この小説は最初の項から、だんだんと時代をさかのぼっていく。

死んだ年齢から、実に19歳までの利休に戻っていくのだ。

いやぁ、面白くて読み終わっても、また最初に戻って

またぐるぐる・・・

この作家山本兼一、私と同世代の作家だった。

考えてみればこれまで出会った本の作家は、ほとんどが

年齢的には上の人ばかり。そういう意味では世代的に価値観が一緒?

そして、知らなかったがこの作品は、今年の直木賞だったなんて!!

またひとつ、素敵な本に出会いました。感謝!
  • 2009.12.27 Sunday
  • 08:32

映画・本

ドラマ化〜坂の上の雲

坂の上

ついにドラマ放映・・・この前の日曜日、ボクシングの試合観戦(視聴率50%超えた?)

のために観れなかった「坂の上の雲」の録画をやっと観ました。

司馬遼太郎の原作を読んで一年以上・・・待ちに待ったドラマです。

配役も映像も最高!豪華版です。そしてロケーションも豊富で、更には

もう映画!!??といえるほどのカメラアングル・・・

で、一番うれしいのは、当時の貴重な映像を織り交ぜてみせてくれる点。

なかなかリアルです。いいです。

まあ、原作読んで一年以上経っているんで、ディテールはかなり記憶から

薄れていっているものの、わくわくドキドキで楽しめます。

でも、これから3年がかりで年末に集中しての放映?

なんとなく、ヤキモキしそうだな〜〜〜待ちきれるだろうか?
  • 2009.12.01 Tuesday
  • 17:16