Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

異次元の表現力

JUGEMテーマ:日記・一般

快挙です。先日のNHK杯での最高得点を更に更新!!!

バルセロナファイナルにて・・・・

ほんとうに異次元の世界に入ってます。まだ20歳の男に・・・

完璧な演技、表現力

ショートプログラム 


フリー


そして、三越ギャラリーにてアートフラワーの展示会があってるということで
急遽そちらへも
知り合いの方も出品されており・・・・ただ、やはり
家元3代目の方の作品は別格でした。それこそ異次元の表現力

テーマは「源氏物語に出てくる女性たち」5作品でした。
一切写真撮影は禁じられており、お見せできないのが残念ですが・・・
hpへのリンクは貼っておきます。
深雪アートフラワー

小さい作品は販売されていたので
一点購入してきました。シラサギソウ?
白鷺

 
  • 2015.12.14 Monday
  • 09:38

映画・本

『海難1890』

JUGEMテーマ:日記・一般

今のタイミングにこの映画
注目の「トルコ」との合作映画です。

95年の時を隔てて、お互いに助け合った2国
日出づる国 日本
三日月登る国 トルコ

映画の最初にはエルドアン大統領のコメントから始まる。
そして感動のエンディング・・・思わず拍手したくなる。
この事実は世界に誇れる。
  • 2015.12.06 Sunday
  • 15:07

映画・本

コラムネタ

JUGEMテーマ:日記・一般

西日本新聞で戦後70年をテーマに
70年前の今日何があったのか?のコラムが・・・・

コラム01

今日は広島と長崎へ原爆が投下されて・・・
その後死者が出ることはないだろうという米軍の見解
に反して、死者は一向に減ることなく、原爆の後遺症で
苦しんでいる人はもちろん減ることなく。

その現実を記者たちは世界へ発信!!

ところが、それをアメリカ大統領のトルーマンは
報道規制をかけるという結末。

まさしく今の中国のようなことを、当時のアメリカはやっていたんだ。
と思うと、憤りを感じざるを得ない。

戦後、日本が敗戦国・・・戦勝国のいいように、そして
なにも反発しないで、反論しないで・・・・

隠された事実が70年も経って色々と出てくるなんて、聞かされるなんて。

現実は日本がアジア諸国へ行った残虐な行為よりも
一層ひどいことを戦勝国のアメリカ・ソ連はやったのでは?
そして、それを隠したのでは?と思えてくる。

そして、日本人がアジア諸国で行った良いことも知らされないまま。
 
  • 2015.09.12 Saturday
  • 15:34

映画・本

日本のいちばん長い日

JUGEMテーマ:日記・一般

連日暑い暑い日が続きます。
お変わりありませんか?

この時期になると、70年前のことが連日取り上げられます。
忘れてはならないこと。この時期だからこそ振り返らないといけないこと。

ついに明日の11日には川内原発も再稼働することに。
また日本に原子炉の火が灯ることになります。


ヽ(^_^;))((^。^;)ノ
映画の方・・・


映画というかこれは記録映画ですね。事実に沿って、再現したドキュメンタリー映画。
その中でも、天皇役をした元木・・・そして阿南陸相役の役所浩司・・・さらには
松坂桃李君・・・・鈴木総理役の山崎努は、またまたいい味出してました。

そして映画のあとは食事に久々の「李」へ
エビチャーハンに坦々麺・・・そして小龍包、そして餃子
この餃子のでかさに一気にお腹いっぱいになりました。
り01り02

ここから更に福岡市美術館へ移動・・・

浮世絵展が始まっていましたので・・・
浮世絵

たくさんの浮世絵が時代ごとに並んでおりました。

途中、アダルトコーナー??暖簾の奥には今回特別に『春画』も展示されておりました。

なんと>芸術的作品が多いというが、やはりそこは春画

こうも厳粛に、整然と、黙々と?鑑賞するものなのか????
とはいえ、強烈なインパクトに

後半の浮世絵が印象薄くなってあまり覚えておりません。

興味のある方はぜひどうぞ〜〜〜〜

福岡市美術館「浮世絵展」
  • 2015.08.10 Monday
  • 08:31

映画・本

いとしま平和を考える会

JUGEMテーマ:日記・一般

平和01
昨日は広島へ原爆が投下された日

世界で初めて原爆が使われた日・・・・

アメリカがアメリカ兵27万人を救うためと、大量殺戮兵器を
投下した日・・・・

その日に糸島でも平和を考える会として、イベントが伊都文化会館で行われた。

3部に分かれており・・・

■1部:糸島市怡土地区にある高相山、にあった高相城

戦国時代に秀吉に攻められて、城を明け渡す結果になるが、その時に照姫は
野北の浜に避難し難を逃れる。
その姫は後、魚の行商で回るアキナイ「シガ」のさきがけとなる。?

詳細は⇒照姫

■2部:大櫛さん「70年目の恋文」を最近出版されたおばあちゃん。

糸島在住の御年94歳。のトークと朗読・・
戦時中に結婚、1年2ヶ月の結婚生活後にご主人が戦争に・・
そして、ニューギニア方面で戦死。
彼女はその後糸島地区の小学校の先生として、子供2たりを育て上げる。

そして、最近になってご主人への気持ちを恋文として書いた。
1年近く書きためたものを今回本に。

年齢を感じさせない声の張り、気持ちの若さ・・・何歳になっても
恋心・・・・切なさ・・・・変わりないものだ。
その文章には必ず、ご主人への愛情と感謝の気持ちが、素直な言葉で表現されている。

「70年目の恋文」 

■3部:松藤大治を知っていますか?

糸島出身のご両親(前原村と怡土村出身)はアメリカ西海岸へ移住。
農業労働者からスタートしてアメリカ次第に経済基盤を作り上げる。
そして生まれた大治・・・・

次第に日本人への差別意識の高まるアメリカから
日本への里帰りを願って両親の生まれ育った糸島へ。
糸島高校(現在)を卒業して、一橋大学(現代)に進んだ時に
アメリカとの宣戦布告・・・そして彼は学徒出陣により、祖国アメリカ軍への
特攻隊として散っていく。

知りませんでした。彼の存在・・・・

早速読んでみます。⇒「蒼海に消ゆ」
  • 2015.08.07 Friday
  • 09:21

映画・本

またまたコラムネタですが・・

JUGEMテーマ:日記・一般
ルメイ将軍

今回のコラムにはアメリカのルメイ将軍の話が載ってました。
1944年8月からヨーロッパ戦線から対日戦線へ転じた彼は・・・・
結局、それまでの軍事基地を狙ったB29爆撃を一般市民がたくさん犠牲になる
ことを前提に焼夷弾を使った都市爆撃を開始した。その手始めが東京空襲・・

たくさんの市民を死に追いやり、結果アメリカは戦争に勝ったので彼は英雄に
そうでなかったら、戦犯扱いになったであろう・・・と自分でも分かっていた。

さらには、彼の日本自衛隊への貢献に対して、のちに日本政府は彼に勲章まで与えていたとは?

憤懣やるかたない!とはこのことか?

原爆投下を正当化する論理も論外だと思うけど、これも・・・・

**************************************************
話は変わってヽ(^_^;))((^。^;)ノ

たまたま土曜日の早朝にTVで特集があってました。
戦争中に満州国で『首藤定』という財閥・・・
または首藤コレクションのもともとの持ち主。

戦争が終わり、ソビエトが宣戦布告・・・満州国へ侵攻して
日本人に対して、略奪・女性に対するレープ・・・などなど
大連へ避難してきた日本人に食料を与えるがため
彼はモスクワ本部へ交渉を・・・・自分のコレクションを
寄贈するので、日本人に食料を!

結局、与えられたとうもろこしなどの食料はソ連側が
日本人から略奪したもの。

そのコレクションの一部はのちに日本側へ返されるものの
大半はモスクワに残ったまま。北方領土化?している。

詳しくは⇒首藤定

戦争とはこういうものである。人の殺し合いが戦争である。
しかし、この理不尽さ・・・70年の時間が過ぎても消えることはない。

武力による防御を考えるより、そうならない努力をすることが
政治である・・・・とか、誰かの言葉でしたね。
 
  • 2015.08.03 Monday
  • 09:09

映画・本

藤城清治展 福岡博物館2015

JUGEMテーマ:日記・一般

影絵の作者、藤城清治展を福岡市博物館へ観に行く。
御年90歳・・・・・

懐かしいキャラクターがたくさん出てくる影絵・・・

601

たくさん展示されている一つ一つに、ついつい入り込んでしまいそうな
そんな魅力のある絵ばかり

602

そして、東日本大震災の被災地でのスケッチをもとに描かれたものまで。
重ね合わされるカラートーンによる味がリアルさが
幻想的な色合いが・・・

603

ここのところ、絵葉書を習うことに始まり
水墨画の篠田桃紅さんの本に出会い
更には、今日は影絵作者の展覧会へ

繋がってる・・・この光と影
そして、白と黒の世界

表現する側と、それを感じる側と

すごくいい刺激をもらっている気がする
  • 2015.05.03 Sunday
  • 19:46

映画・本

知らないなんて迂闊でした。”桃紅”さん

JUGEMテーマ:日記・一般
先日の新聞の本の広告欄で初めて知りました。篠田桃紅さん

御年103歳

世界的に有名な水墨画の画家なんですね。

この広告で本の内容(彼女の言葉)を上げてあった。

「日々、違う。生きていることに、同じことの繰り返しはない。」他
333

早速本は取り寄せているけど、作品も検索してみた。
一部ですが・・・・どれも私の好きなテイストばかりなり(^_^;)

303

304

305


306


 
  • 2015.05.01 Friday
  • 16:23

映画・本

ここまで流していいのかな?

JUGEMテーマ:日記・一般
先日観た映画「風に立つライオン」

まだ上映中なのに、ここまでの動画を流していいの?

ほぼ概要が分かりますね。2時間半の映画が・・・

  • 2015.04.14 Tuesday
  • 16:54

映画・本

クラブ練習会〜風に立つライオン

JUGEMテーマ:日記・一般
季節がよくなり
久々のクラブ練習会・・・それもロング走

しかし、結果は30キロでした。
くらぶ01
1週前にさが桜を走ったのが多かったので、無理はぜず!

くらぶ02

糸島の良いところを味わいながらのランです。海に山に・・・
それでも、いい練習になりました。

そして、夕方には以前から観たかった映画「風に立つライオン」を・・・
封切から1ヶ月以上経つと、上映時間がだんだんと限られてくるのにはちょっと閉口。

内容は?
28年前のさだまさしの曲。
当時からケニアの雄大な情景が印象的だった。今回の主役の大沢たかおも同じ気持ち?それで映画化を希望、2年間のさだまさしによる執筆後に映画化が。
今回観る前に原作も読んで感動、ケニヤの長崎大学研究所と五島列島の胡蝶島・・さらに東日本大震災が舞台になる。いろんな意味で考えさせられ、そして生き様を問われる映画だった。もう残り少ない上映期間、多くの人に観て欲しい。エンディングロールに流れるこの曲の間、誰も立ち上がらなかったのは嬉しかった。

 
  • 2015.04.13 Monday
  • 09:07