Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

健康

さよならお袋・・享年87歳

JUGEMテーマ:日記・一般

 

5月末に癌が分り、余命3か月といわれて

ちょうど3か月・・・・

最後の最後に自分の意思を貫いて、私と妹

そして、孫たち、更にはひ孫たちが見守る中

逝きました。親父との別れも・・・

親父は心配しなくても大丈夫だからといい

お袋は先に行くことを詫び、二人して泣いて泣いて

手を取り合って、別れを告げた後は、笑顔になり

穏やかな顔になり・・・

 

おふ03

 

今週初めからもう難しいだろうというドクターの話から

家族で病院へ詰めておりました。

それから4日目の早朝です、血圧が下がりだし、呼吸も弱くなりかけ

4時過ぎに、最後は目を開け涙を流し、何かしゃべりながら

ふ〜〜〜と萎むようにまるでロボットが電池が無くなるかのように

逝ってしまいました。

 

踊りの好きなお袋に、着物が好きなお袋に

家族の写真を添えて・・・・・

おふ02

 

花が大好きなお袋に・・・たくさんの花を添えて

 

おふ01

  • 2018.09.02 Sunday
  • 11:09

映画・本

日日是好日〜映画予告

 

まだ見ぬ映画の予告編ですが・・・・・

読書倶楽部で書きましたけど、原作を読んでみました。

映画が楽しみです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

  • 2018.08.24 Friday
  • 16:41

登山

二丈岳2018

JUGEMテーマ:日記・一般

 

暑い暑い夏はまだ終わらないようで・・・・

走るには暑すぎて・・・というときには山に限る!

ここはまだ上ったことのない二丈岳へ行ってみようってことで

急遽ルートを確認・・・・スタート地点のゆらりんこ橋駐車場へ移動。

 

朝の7時に到着、駐車所には軽自動車が一台のみ・・・さすがにお盆の中日

少ないでしょうね?と思いつつ一人準備してスタート。

ゆらりんこ橋を渡るのがまずは登山道の始まりです。

 

nijo06

最初は渓谷を45分ほど登り続ける。まだ早朝で薄暗く初めてとしては

多少不安…それになには居そうな?御盆だし( 一一)

 

しかし、渓谷の水の音と流れはきついのぼりを癒してくれる。

山登りにはこれだよね(*^^)v

 

途中誰ともすれ違わず‥‥と思いきや山頂近くになって一人下りてくる人影が!

若い女性の一人旅?そうあの駐車場に止めていた人だ。

山頂は誰もいませんよ。独り占めできますよ〜〜〜〜と

もう一度一緒に登りませんか?とついつい口に出しそうになるのを抑える。

 

 

 

nijo05

 

山頂て前からぐっと勾配がきつくなり、そして光がさしてきて

一気に開ける!光も視界も・・・・・うわぁ!

なんじゃこりゃ〜〜〜〜〜って感じですよね。

目の前に可也山が、志摩の半島が折り重なって見えてますね。

それも見下ろす感じで・・・ここは海抜711m可也山のほぼ倍です。

 

nijo04

 

まさしく山頂を独り占め、景色も独り占め

天気も良くてくっきりと視界も開けて、言うことなし!贅沢な

ほんとうに贅沢な空間です。

 

1時間半・・・・朝の8時半、遅め?の朝食にコンビニのおにぎりと

菓子パンと、もうここから下りたくありません。ずっとここでこうしていたいです。

 

nijo03

 

20分ほどの滞在で、9時前には下りだす。仕方ない・・・・ここで日干しになるわけにもいかんですね。

下りだすと、結構登山者にすれ違います。10組程度は居ましたかね‥‥ほとんど

カップルです。年代は様々・・・・・初めてなのに偉そうにアドバイスしたりして(^_-)-☆

 

nijo02

 

下りる時位には渓谷を身近で味わって、佇んで・・・

水の動きに音にしぶきに‥‥涼しくって

 

光がさしてきて輝いて、美しさに目を奪われて・・・

いうことなしの往復3時間でした。

また紅葉の時期に来よう・・・・(^_-)-☆

 

nijo01

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 09:08

映画・本

フジコヘミングの時間

JUGEMテーマ:日記・一般

 

気になっていた映画観てきました。

彼女のコンサートは聴きに行ったことはある。

次女がピアノを習っていたのもあるし、一緒にアクロスでのコンサート

何年前だったろうか?

 

今回映画化されて、それもドキュメンタリー映画だということで

まずは感想としては監督がいいねぇ、まったく出しゃばった演出なしで

自然に彼女の生活を演奏活動を表現できてる。あってる間ずっとカメラを回していたらしい。

緊張がほぐれカメラが回ってるのが普通の状態になって初めて、自然体の彼女の姿が・・・

 

年齢不詳といいながら、いったいこの人何才だろう?

そしたら映画の中でそれは判明した。

80歳を過ぎているそうだ。でしょうね…あの風貌からすると。でも

あのピアノのタッチ・・・・音楽に対する情熱はとてもその年齢とは思えない。

毎日4時間の練習を今でもかかせない。という・・・・・人生の大半

そう60歳代後半までは天才といわれながらも、不遇な時代を過ごしてきたといえる。

 

  • 2018.07.30 Monday
  • 10:21