Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

寅さん2019

JUGEMテーマ:日記・一般

年末押し迫り、28日の土曜日が仕事の御用納め納会終了後に

忘年会という運びになり終了です

 

定宿の平和台ホテル荒戸・・・に車を停めて、歩いて2.7キロの会場へ

帰りも歩いて、大濠公園経由でホテルへ

千鳥足の危なっかしい歩きで帰りました

 

そしてあくる日、夕べのお酒が残ってる?

そうだね、今回はビールだけじゃ収まらず、お酒や

ハイボールを混ぜてしまったから、仕方ないです

こうやって翌朝に残ってしまう

 

でも、そこを起きてしまえば早朝の大濠公園では

すでにジョギングしている姿が・・・・

 

これまた写真撮りながら、なかなか前には進まずのジョグでした

 

かえってシャワー浴びて、朝食後

そこから夕べの内に予約していた寅さんを観に

車で10分足らず・・・・そつなく時間を使いまくり(^_-)-☆

 

 

寅さんの映画はこれまでほとんどTVやビデオで観ている

それなのに映画館でこうしてみるのは初めてなのだ・・・

 

そうひとつ、徹子の部屋の第1回目のゲスト・・・・

映画での話も出てきます

 

 

観客はやはり同世代以上?

 

しかし、良くできてましたし、昔の映像を処理しているので

今の映像と遜色ない程度にリマスターというんですか?

まるで、今回も寅さんが演技しているような生きてるような錯覚に陥ります

 

良くできてましたし、途中では泣かされましたし

いやぁ、やっぱ正月前はこれですよね~~~~~なんてね(^^)/

 

皆さん良いお年をお迎えくださいm(__)m

  • 2019.12.30 Monday
  • 10:47

建築

ブログの更新(^_-)-☆

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近は更新を怠っております

ネタがない?というかやはり、年末の慌ただしさにかまけて

師走・・・

 

そんななか先日の日曜日は慌ただしく駆け巡り

雨の中を・・・・

 

マンションの理事会へ、今回は管理会社の担当が

急に代わることにより、予想外の事態が

 

そして、その話を終えると、会場を移動しての

倶楽部総会の席へ・・・雨の中走りました

 

そして、一年に一度のメンバーとの話し合い

これは貴重な時間ですからね、大事にしないと

 

予想通り、有意義な話し合いが出来て、これでもまた

一年みんなで盛り上げて、楽しめる組織なりますように

 

それぞれに環境の変化、何よりも年齢を重ねて

無理も効かなくなりつつの、そこの気持ちのつながりが大事ですね

 

そして、その後に忘年会でした

 

六本松界隈も古民家を利用しての面白い展開が

目立ってきましたね。人が集まってくると

それに刺激されて、街も変化して、居心地の良い空間が

出来てくる。ひとって面白い(^^)/

 

人ってやはり、一人じゃ寂しくて、

寄り添うための場所が空間が欲しくなる

人が寄れば、また新しい出会いがあり、愛も芽生える

 

最後に写真を・・・・・・街って生きてるね

 

 

 

 

 

  • 2019.12.25 Wednesday
  • 10:05

映画・本

中村哲さんを悼む

JUGEMテーマ:日記・一般

アフガンで非業の最期を迎えた 中村哲さん

 

彼の告別式が昨日福岡で行われた

出席も考えたものの、用事もあり、参列者はかなりの数で

かえってご迷惑かと遠慮した

 

今朝の新聞で、喪主である息子さんと、更には

ペシャワール会の会長の弔辞が原文のまま載っていた

両者ともに内容のある、気持ちの伝わる内容で感動しました

 

彼、中村哲さんを知ったのは随分と前で、彼の本を読み

更には福岡へ戻られた時の後援を確か西南大学のチャペルだったかと

聞きに行った

 

彼の後ろ姿に影響を受けた人は多いだろうし

されの死後の新聞に載る記事では、そのことが如実に伝わってくる

日本国内に留まらず、パキスタンやアフガンのみならず

 

息子さんの弔辞の最後

 

父は「俺は行動しか信じない」と言っていました

地位から学んだことは行動で示したいと思います

と締めくくられている

 

これからにつながる皆さんの思いが伝わってきます

 

そして、彼のことで今日知ったこと、

それは彼のお祖父さんは「花と竜」の主人公である

玉井金五郎であること

そして、あの小説を書いたのが、玉井金五郎の息子である「火野葦平」であること

中村哲さんのお袋さんのお兄さんにあたるそうな!(^^)!

 

凄い血が流れているんだな〜〜〜〜と改めて納得

 

  • 2019.12.12 Thursday
  • 11:20

登山

由布岳お鉢巡り〜プチ同窓会

 

いきなりこの動画ですが・・・・いかがでしょうか?

由布岳の魅力が現れてませんか?

怖さの反面、魅力は凄いですね・・・・一気にファンになりました

 

そして、下山後は学生時代の仲間とぷち同窓会

しかし、ながら欠けた一人が・・・・いたらな〜〜〜と若干しんみりとなる瞬間も

 

でも、久々に大いに話が盛り上がりました

お酒も・・・・🍻

 

 

 

 

また来年、一人も欠けずに会えることを祈りつつ(^^)/

JUGEMテーマ:日記・一般

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 18:17