Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

ガーデニング

春の花✿

JUGEMテーマ:日記・一般

 

運動公園に春先種巻いて、芝生の一角をライトブルーに染める花

名前は「・・・・・・」忘れた(^。^)

可憐で控えめで、清々しく・・・好きです。

 

花01

 

こちらはよそ様の庭先に侵入して、写真ゲット!

まさしく満開です。可憐な白い花・・・遠くから見ても純白の花びらが目立ちます。

 

花02

水仙・・・・全てが黄色の花びらですね。

赤や黄色の花はあまり好きではないものの

こうなると、やはり美しい。純黄色???

 

花03

 

 

田んぼには麦の穂が伸びてきています。

朝露が朝日に輝いて、まるで宝石の雫のようです。

 

花04

 

そして、ソメイヨシノは?ちらほら咲き出してはいるものの

まだ、一本の木にひとつふたつ程度・・・

これではあすの花見には全く期待できそうにないです。

 

花05

それでも、開いた花びらは・・・やはり素敵✿✿✿

やはり桜はソメイヨシノですね(^_^;)

花06

 

そこで、私の好きな竹内まりやの「人生の扉」

リンクしておきます。タカラジェンヌの歌にて?

 

満開の桜や、色づく紅葉を

この先何度

観ることになるだろう♫

 

 

  • 2017.04.01 Saturday
  • 11:37

ホキ美術館展〜佐賀ひな祭り

JUGEMテーマ:日記・一般

 

前回の池田學展に続いて

以前から気になっていた、千葉にある「ホキ美術館」の作品展が

佐賀県立美術展で始まりました。

 

早速、少ないうちにと・・・・・

 

ホキ01

 

超写実主義の作品が70点ほど・・・・・どれも素晴らしい作品ばかり。

絵に近づいても、これが人の手で描かれたとは思えないくらいの繊細さ。

写真と見間違える。いやいや、写真よりもよりリアルに表現できるんですね。

人が感じるように描く。光の加減や質感を、実際のものよりも

より人の感じるように表現する。だから、見る人によりリアルに感じ取らせる。

不思議な感じ・・・・・特に女性を描くものは、ついつい手を出して触りたくなるほどの

存在感・・・これにはビックリ。

 

下の絵は後ろ姿を描いた森本さんの作品。一番気に入りました。

どう見ても写真としか思えません。

ま、これは雑誌の表紙に使われた写真ですけどね(^_^;)

 

ホキ02

 

佐賀ではひな祭りということで、旧市街古い町並みの残る一角で

建物を開放して、そこでは雛人形も展示してありました。

佐賀錦・・・佐賀小紋・・・

 

 

ホキ03

 

なかなかこんな路地に入り込むことはないですよね。

江戸時代から明治大正へ・・・・引き継がれて保存された

町並みと建物・・・・見ごたえあります。

 

ホキ04ホキ05

 

築300年を超える建物もありました。

 

ホキ06

 

最後に、佐賀県立美術館、ホキ美術館展で

入ってすぐに動画が流れています。美術館&作品の紹介ビデオで

これを観てから回ると作品がとっても分かりやすい。

でも、30分の上映時間がかかるし、部屋が小さい。

 

ホキ美術館のhpにはその動画が公開されていましたのでリンクしておきます。

  • 2017.03.31 Friday
  • 11:55

野菜

畑2017

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年は何を植えましょうかね?

 

夏野菜のために、畑の準備が整いました。

 

後はイノシシ対策をもう少々施すだけ・・・

 

畑2017

  • 2017.03.31 Friday
  • 11:42

建築

棟上げ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今回木造の建物に関わってみた。

 

自然の材料を使って、本来の日本の建築としての伝統。

長いこと建築に関わってきたものの

こと木造に関しては、知らない部分が多くあるのだが・・・

 

今回の建物、木造にしては大スパン8mもあるということで

木造トラス?

ところが、丸太を使えば飛ばせますよ・・・・・ということで

なんと、杉の丸太、樹齢50年を超えるものを

星野村からトラックで運び、棟上げに

 

現地へ搬入した時には、こんなでかい梁を載せたら

建物が頭でっかち・・・不安定で大丈夫か?

 

棟05

 

しかし、好天の中、光浴びて輝く丸太は

しっかりと収まっておりました。すでに構造物の一部材として(^_^;)

 

むしろ、仕上げに隠れて見えなくなるのが惜しいくらい。

 

棟06

 

見事な木肌を見せてました。

 

そして、この材料がここまで大きく育てて、更には綺麗に皮剥までされて

この状態でなんと?7万円で購入できるという現実。

 

ほぼ自分と同じ年数生きてきた杉の木が、日本では価値を認められていないわけで

 

情けないやら悔しいやら(^_^;)

 

もっと国産材を使わないと、山が泣いてるよ。

花粉症?

ほったらかした人間へのしっぺ返しでしょう。

 

棟02

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 09:34