Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

マラソン

花見2019

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年も桜が満開になりました

30日の土曜日は観にマラソン練習会、花見ランバージョンとして

 

 

糸島市内の桜の名所4か所をめぐりました

・可也山中腹の創価学会研修場

・加布里公園

・宮地嶽神社

・笹山公園

 

そして、翌日日曜日は気温ががくんと下がり

風も強く、震えながらのTMクラブ花見です

 

私は練習会には参加せず(前日20キロ4時間のラン)

一人舞鶴公園から福岡市美術館を散策してから合流です

 

しかし、大型バス10台程度、城内町の路駐はいかがなものかと(^_-)-☆

大勢の中国人が舞鶴公園を占拠している状況も閉口"(-""-)"

 

もう少し外来者としての謙虚さが持てないものかと?

でも、無理かな???

 

  • 2019.04.01 Monday
  • 09:41

登山

可也山ダブル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

前日に彦山往復ランを久々にやって

翌日は可也山を往復ダブルに挑戦です。

というのもYAMAP仲間にそれをやった人がいて

こういう登り方もあるんだ〜〜〜〜とふつふつと

 

師吉からの登りは何度も経験してるけど

小富士からだとかなりきついと聞いている。

それを同時にこなすということでいかがなものかと

 

 

登りだすとすぐに男性ソロ二人にすれ違う…すでに降りてきてるという

まだ8時なのに

 

それからは誰にも会わずです

 

途中視界が開けると、先週登った4座が見えます

今更ながらよくぞあれを超えたな~~~と感心しきりです

 

 

山頂付近には子供たちによるクチナシの植樹・・・そしてその記念碑

それぞれに個性があって見飽きませんでした

この子たちが大人になって、可也山に登るときに

この木たちはどれくらい大きくなっているのやら?

また感慨深いでしょうね

 

山頂から今度は小富士方面に下る。

師吉からのルートはほぼ階段状に整備されているが

この小富士側はすべてきつい勾配のスロープ状

ロープがないと下りは特に滑り落ちます

 

まるで猿のように、キャッキャ言いながら本当に

滑り落ちる感じで下りました

 

 

少し前なら梅がきれいに咲いていたでしょうけど、すでに桜の季節

梅林と加布里湾越しに、糸島七座が見渡せます

左から、井原山・雷山・羽金山・二丈岳・女岳・浮嶽・そして十防山

山を知ってから、山の名前も知ってから、景色の見方も変わりました

 

そして、今度は小富士側からさっき下った急坂をのしのしと

亀のように登りだしました

そして、再度の山頂、そして展望台です

 

 

今回は人がいました

時間がまだ早いこともあり、お昼ではなくコーヒータイムです

続々と登山者が到着してきます

 

最後の下り・・・・そうですね、たぶん50名くらいにはすれ違ったのでは

天気が良かったし、季節も良いので多くの登山者が可也山に

身近にこういう山がるのは恵まれてますね

 

おおよそ、3時間の山行でした(^^)/

 

  • 2019.03.25 Monday
  • 10:06

マラソン

ジョギング〜桜

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日の祭日=春分の日ですね。

いつの間にやら、お昼と夜の時間が同じのお彼岸ですね。

ついこの前まで冬真っ盛り、今年は暖冬?だったと思うけど

寒さはほどほどで、比較的過ごしやすかったにしても

やはり、貴重な早朝の時間が短いのには、気分的には暗くなります。

 

それがいつの間にやら、朝も6時には明るくなりかけ

朝の時間が少しづつ長くなってきました。

 

そんな中、桜がすでに咲き出して、それもいろんな桜があるもので

種類が定かじゃないけれど、楽しめる時期です。

ソメイヨシノはまだ糸島ではこれからでしょうが・・・

貴重なこの山燃ゆる季節、大いに楽しまなくては(^^)/

 

 

 

  • 2019.03.22 Friday
  • 10:43

映画・本

マイブックショップ〜映画

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日の朝急遽映画へ

それもKBCシネマのスタンプがたまり

一回ただで観れる〜〜〜〜といのも期限ありですよね

何を観ようか?なかなか決まらずほっておいた

 

思い切ってこれだ〜〜〜と車飛ばしてギリギリ会場へ

意外と満席状態で、すでに暗くなった会場で席を探して

 

 

本好きの私には興味をそそる内容・・・それも舞台はイギリスだけど

制作はスペインなんですね

 

配役がいいです

そして途中きゅ〜〜〜んとなる場面も

 

最後には・・・・・・なんと?え?それで?ああああ

 

って、余韻を残してエンドロール

その間流れる曲が歌声がまた素敵でした

 

好きだな〜〜〜こういう映画

観てよかった(^^)/

  • 2019.03.18 Monday
  • 10:30