Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

マラソン

いよいよ間近!観にマラソン

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年、第8回目になる糸島観にマラソン

いよいよ今週末に本番を迎えます。

天気は?雨ばかりだった10月の終わりには

ご褒美!?晴れ予報

しかし、今日台風がまた発生したらしい。影響がないことを祈ります。

 

そう昨年はずっと雨でした。初めてでした雨にたたられたのは・・・・

それでもたくさんの笑顔が・・・・・・

今年は秋晴れの中、日曜日開催だし、さらにいい笑顔が見れることでしょう(^^ゞ

 

笑顔01

  • 2017.10.24 Tuesday
  • 18:12

ガーデニング

秋晴れ久々

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ずっと雨模様

ずっと曇り空

体調もずっと風邪模様・・・

 

風邪なんでしょうね・・・朝ジョグで風邪なんて吹き飛ばして

と思ってたら、やはり走って汗かく度に逆効果!!!これは年なんでしょうね。

 

秋明菊

 

先日朝ラン中にいわれた。風邪ひいた時には無理したらダメですよ。

って、というのも彼の弟が風邪から肺炎を起こし、更には心筋梗塞で倒れたと。

 

なんと、そういうこともあるんだ。気をつけねばねば・・・・

 

とはいっても、今年唯一エントリーしているフルマラソン

福岡マラソンまで1ヶ月を切ったというのに、まともな練習が全く出来ていない。

 

今年は完走はかなりやばい。週末ごとに、仕事や身内の件で出かけることばかりで

その合間で少しの距離は走っているものの、まとまった距離は走れていません。

その中での体調不良・・・・・

 

この久々の秋晴れのように、気分も体調も全開、といきたいところ(^_^;)

明日はなんとか無理してでもロング走をこなさないと、マジでやばい!

 

台風接近?影響ありませんように

  • 2017.10.20 Friday
  • 15:11

伊都国と出雲国

JUGEMテーマ:日記・一般

 

古くは縄文時代から弥生時代へ

糸島半島がまだ島だった頃?

伊都国

既に、伊都国として大陸との行き来があったという事実は明らか。

そして、糸島の前原、「潤」あたりは当時は海岸線?

そこには勾玉などの工房遺跡が存在したそうだ。

 

というのも私が潤で住宅を設計した時に、着工前の試掘が必要だということで

市の文化課の担当立会いのもとで、重機で敷地を掘った。結果何も出なかったが

その担当から聞いた話である。材料としては出雲から輸入しておったらしい。

そして、出来上がったものを大陸、随や唐への献上品として輸出。

 

なんと壮大な・・・・既にこのような海外貿易の拠点として伊都国は栄えていたわけだ。

 

先日訪れた出雲大社・・・・そのお隣には古代出雲歴史博物館がある。

そこには出雲大社にちなんだものの他に

大陸から送られたもの(銅鐸・矛)が大量に展示されている。

 

一方伊都国では最大級の銅鏡が発掘されている。どちらも大陸との行き来で

持ち帰ったものだろう。

 

そんなこんな、古に思いをはせ、想像するのも乙なもの。

真実は詳細には誰も分からないでしょうけど、事実は事実として残されているもの。

偽りのもの「フェーク」ではないでしょうから。

 

というわけで、現在伊都歴史資料館で出雲からの出展物が観れるので

ぜひどうぞ

⇒http://www.city.itoshima.lg.jp/m043/010/040/020/112/20170914120118.html

 

出雲

  • 2017.10.13 Friday
  • 09:22

映画・本

野村望東尼(もとに)

JUGEMテーマ:日記・一般

勤王の志士たちとのつながりを咎められ

福岡藩から姫島への幽閉をいいわたされた「野村望東尼」

志摩歴史資料館で資料展を見た。

 

以前から興味はあったし、姫島を訪れた時、あの牢獄を見ていたので

実際のそこでの生活の様子や手紙のやりとりなど

更には島の住民とのやり取り。なかなか興味深いものがあった。

 

のむら01

 

最終的には、10ヶ月間の投獄の後に、高杉晋作の命により助け出される。そして

長州の高杉晋作のもとに。そこで彼の看病をし、看取るわけだ。

 

高杉晋作は吉田松陰に師事し、江戸での投獄時は手紙のやりとりをしていたそうだ。

その時の松陰からの手紙(死生観)が下の文章↓↓↓

 

晋作

 

更に、彼の辞世の句

 

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

 

そのあとに望東尼が付け足す。

 

「すみなすものは 心なりけり」

 

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 11:36