Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

平山温泉〜和水町(金栗四三)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

奥様の60歳の誕生日ということで、奮発して平山温泉を予約。

更には今回の大河ドラマの「いだてん」金栗四三の故郷が和水町

ということもありで、久々の遠出でした。

 

しかし、出かけると同時に天気が急変、都市交から高速を走る間は

凄い雪が・・・・猛吹雪状態。

 

おまけにその時間帯に、行先の和水町は震度5の地震が"(-""-)"

なんというタイミングなんでしょうか?

 

h08

 

幸い熊本は雪はさほど降っておらず、なおかつ地震の影響もない模様

暖かく迎えていただきました、平山温泉「上田屋」です。

 

h10

 

料理は尽きません・・・・次から次へと高級素材を使用した

更には器も盛り付けも、超一品ばかりなり。板長の演出に感無量!!!

 

h09

 

大満足の一夜・・・・そして夜が明けると外は銀世界?いや

雪は降らず。ホット胸をなで下ろす"(-""-)"

しかし、外は氷点下。散歩も大変?寒いです。しばれるね・・・

 

h07

 

更には霧が立ち込めて、幻想的な日の出を拝むことができました。

この一瞬の光景を独り占めです。ほんとうに贅沢な一瞬。

 

h06

 

戻って、朝食がまた至れり尽くせり・・・・もう朝っぱらから

食べすぎです。それが入るんですよね〜〜〜〜

夕べの刺身の伊勢海老のお頭を使ったみそ汁と・・・・たまりません。

 

h05

 

インテリアの違う8種類の離れ部屋があり、それぞれに個別に露天風呂がついていて

またそのお風呂がまた全部違う嗜好

わが部屋のお風呂はこんなに広いのです。もちろんかけ流し・・・

いつでも24時間お風呂に入れます。贅沢なこれまた時間です。

今回4回!入りました。

 

h04

 

そして、11時のチェックアウト後には和水町へ移動

築年数200年という、彼の生家を見学です。酒蔵を経営されていたので

単なる農家ではないし、かなりの立派な作りです。

 

h03

 

出演者が大変豪華なドラマ・・・テーマがマラソンですからね・・・

これはたまりません。

 

h02

 

生家の庭先から見ると、遠くに見える山

あれを超えて、四三少年は6キロの山越え道を小学校へと登校しておったそうな。

これは足腰、そして心肺能力は強靭になりますよね。

そして、日本人で最初のオリンピック出場を果たすわけです。

 

いやああ、実に有意義な旅ができました。

h01

 

追伸:金栗四三ミュージアムの方には彼の足跡を詳しくいろんな記念品をもとに

更には、パネルにて解説・紹介されているのですが・・・・

そのパネルに使われているイラスト(四三の様子)はすべて、あのタコさんが

担当されたそうで、これまたいい仕事されていました。

あいにく、このミュージアム内での写真撮影は一切禁止!ということで

証拠写真はありませんが、タコさんサイトから拝借して↓↓↓

ミュージアム・・・なかなか見応えありました。ランナーは必見でうしょね。

たこ

  • 2019.01.28 Monday
  • 11:34

登山

蒙古山から西の浦崎へ

 

最近は登山ネタが多くなりました。

今朝は公民館掃除・・・・朝一の奉仕はつまらない。

楽しみが入れにくい!

でも、あきらめず、終わった後で山ならいける!それも近くの山なら!

 

ということで、西の浦へ車で移動。漁港の駐車場に停めて登り始めました。

そう、蒙古山158m?

先日読んだ「襲来」に渡る蒙古軍の襲来!!!

対馬から壱岐へ、そして九州玄海灘へ。

当然平戸・松浦・そして糸島今津、博多から太宰府へと

被害を被る。一説によると有明海にも襲来しているとか?

 

 

動画にまとめてみた?勝手にグーグルが編集。

まいっか・・・・この山はたぶんのろしを上げた山なんじゃないかな?

当時の幕府は鎌倉・・・そして、被害を恐れるのは、九州の重要拠点の太宰府

そのためには博多の海岸線を守る必要がある。

一番の問題はいつ蒙古軍が襲撃してくるか?それが分かり次第防備の体制づくりが・・

 

JUGEMテーマ:日記・一般

  • 2019.01.19 Saturday
  • 16:23

登山

二丈岳三度

JUGEMテーマ:日記・一般

 

山に登るようになって、初めて仲間を誘っての登山となりました。

総勢8名、TM登山部の結成!

ランナーズなのにだんだんと走らないメンバーが増幅しており、ます。

いいのか悪いのか?

でもやっぱ、連れがいるのは楽しいものです。

ペースはゆっくりゆっくりめです・・・

 

h01

 

次第にのぼりがきつくなってくる。それに夕べの雨で足元が悪い箇所あり。

 

h02

 

昔の子供の雨宿り場所・・・ここも通学路だったのかな?

 

h03

 

山頂、少しまだ雲が残っているものの、景色は相変わらず抜群です。

シルエットがリアルですね。いかにも登山者という感じ。

 

h04

 

山頂で記念撮影・・・711mの高さです。

 

h05

 

山頂を貸し切り状態でお昼をいただきました。

それぞれに携帯したものを・・・チョコレートケーキまでお手製の"(-""-)"

景色を見ながら、更においしく感じます。温かいコーヒーも・・・

 

h06

 

これまで辿ったコースをおさらいし、次回の予習も兼ねて。

次は女岳に浮嶽に十防山へ・・・・4座に挑戦するぞ〜〜〜

 

h07

 

降りてきても海がきれいに見渡せます。まもなくスタート地点のゆらりんこ橋到着

お疲れさまでした。

 

h08

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 10:15

映画・本

新年最初の練習会〜映画へ

平成31年、平成最後の年・・・2019年は穏やかに明けて

いつの間にやらすでに1週間が過ぎました。

 

今年初めてのクラブ練習会、私にとっては半年ぶり?くらいの

大濠公園を走る・・・・たまにはいいもんじゃ

 

練習会

 

軽く走って早めに引き上げ・・・そして、西公園へ寄り道

光雲神社へ参拝・・・ここは桜井神社と同じ黒田家の大社だったかと。

元旦に引いた桜井神社ではおみくじは、なんと?末吉

まだ中身は詳しく読んでない。

そこで、幸運(光雲)にあやかろうと引いてみると・

なんと?やはり「大吉」でした(^^)/

いいことばっかり書いている。こっちを信じて持ち帰り〜〜〜

 

宝くじ

 

そして、年明け初めての映画「ぼけますから、よろしくお願いします」

を観に・・

 

この当時お袋さんが87歳、親父さんが95歳・・・

3年前まで撮影されたもの

その撮影者は一人娘の直子さん・・・

ナレーションも直子さん

映画監督もカメラマンも・・・ぜんぶぜんぶ直子さん

 

彼女は東大出のテレビ局撮影部署のプロです。

お袋さんが趣味で始めた書道に入選して、その様子を撮影するようにと

お袋さんに頼まれたのがきっかけ、17年間取り続けていたものを

今回編集して映画にしたもの。

 

タイトル通り、お袋さんがアルツハイマーになって・・・

親父さんと二人暮らしを続ける様子を

たまに東京から里帰りする直子さんが撮影したもの。

 

映画が始まったところから、すでにうちのお袋と親父のことを思い出して

ずっと涙が止まりませんでした。特にお袋さんがぼけて・・

「なんでかね?」って自分で歯がゆくて、

どうしようもなくって癇癪回して親父さんに当たり散らして

その生々しいシーンはたまりませんでした。

お袋も最後のほうで、「早く迎えがこんかね?」

なんて言ってた時期あったし痛みが耐えられなくて・・・

 

しかし、この娘さんカメラを覗きながら、話しかけながらも、たぶん

ずっと涙流しながらの撮影じゃったと思う"(-""-)"きっと

 

両親のこと・・・

さらには自分たちがその年になったときにどうなるのか?

 

本気で考えさせられました。

 

  • 2019.01.07 Monday
  • 09:50