Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

映画「人生はマラソンだ」

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日見た動画、なんとタイトルが「人生はマラソンだ」

 

それも主人公、登場人物はつぶれかかった自動車整備工場のおじさんたち5人組。

 

なんとも、三流映画かな?と期待せずに観ていると

なんと、彼らがマラソンに出ることになり、本気でトレーニングを

 

そして、フルマラソンを走る。完走しないと工場は他の人の手に渡る。

失業だ。

そんな、奇想天外な結末が…これがまた感動を呼ぶ!

 

涙ボロボロ・・・・大変でした( 一一)

意外とお薦めな映画ですよ。オランダでは結構評判になった映画だそうだ。

 

初心を思い出して、自分もトレーニングに励まないと(*^^)v

と思った次第です。

 

  • 2018.03.26 Monday
  • 17:01

映画・本

映画「空海」〜「5パーセントの奇跡」

JUGEMテーマ:日記・一般

 

雨の日曜日、久々に用事のない日曜日

 

ということで、公開されたばかりの「KUUKAI」を観にキャナルへ

 

凄いスケールでお金のかかった映画ですが・・・・内容は?

シリアスさはあまりなくて、楊貴妃に纏わる伝説を映画にしたものか?

主役は猫です(^_-)-☆

 

 

少しがっかり・・・・痛快娯楽大作って感じですが

 

他にも観たい映画あり・・・・

 

 

お昼を食べたのちに、KBCシネマへ移動

 

ドイツ映画ですが「5パーセントの奇跡」

 

網膜剥離で15歳に視力の95%をなくした彼が、一流ホテルで研修して

更に、その業界で活躍するという実話を基にしたお話です。

 

いろんな国からの難民を受け入れているドイツ

主人公もスリランカ人とのハーフ、職場では

アフガニスタンの難民(医者だった)が出てくる。

 

とにかくいい仲間上司に恵まれて、彼は健常者と変わらない

社会生活を営むことに。

実話では本当に視力が95%ないことを知らせずに

仕事を15年間続けてたらしい。感動もの・・・・・(^_-)-☆お薦めの映画です。

 

 

  • 2018.02.26 Monday
  • 09:44

映画・本

ベロニカの記憶

JUGEMテーマ:日記・一般

 

映画 『ベロニカの記憶』

我が家の奥様の誕生日・・・2日遅れの

 

姪っ子の出産見舞いと

両親の世話で親父の病院へ

と時間が詰まっていたので

 

日曜日にゆっくりと映画を観に

そしてその後食事へと。

 

映画は実にわが世代にとってはリアルな内容で

身につまされるような展開へ

 

しかし、考えさせられることばかり

青春時代と現在とを行き来するストーリー展開に

次第に解明されていく、恋人と親友との真実と

 

いい映画ですね。映画らしい映画というか(*^^)v

時間あれば再度観てみたい。

 

  • 2018.01.29 Monday
  • 11:34

映画・本

ゴッホ〜最期の手紙〜

JUGEMテーマ:日記・一般

 

以前から楽しみにしていた映画です。

全編、ゴッホのタッチで描いた油絵として

アニメーション化したもの。これは世界初でしょうね。

実にリアルに仕上げられていますが、なんと?100名の画家が

協力したとか?

 

ゴッホが亡くなって1年後に、彼の死を紐解いていく内容になっている。

実に興味深いストーリーです。

しかし、生きている間に少しでも報われる瞬間があれば・・・

それだけでも救われるのに・・・・

 

こういう生涯もあるんですよね。一人の人間として( 一一)

いくら歴史に残ろうと、それはあくまでも彼の人生にとって

意味を成すものかどうか?

  • 2017.12.17 Sunday
  • 16:43

映画・本

先週末の話

胸01

 

なんだかな・・・・・突然ですが、この写真は?

 

ですよね。

 

この前の日曜日、また慌ただしい週末の話になります。

 

オヤジを病院へ見舞い、大事な話もせんといかんということで、カウンセリング室をお借りしてのオヤジ面談。

そろそろリハビリも効果が出て来て、退院できそうだそうで何よりではあるのだが

いざ退院となるとまた大変なことです。自宅の改造も進行中。

 

まあ、私のやること満載でして・・・・いったりきたりの最近です。

おやじとの話もそこそこに、現場では今日は住宅の棟上げということで、青空の中気持ちの良い木の柱が立ち上がっておりました。

このまま、怪我のないように無事に完成まで・・・・と祈りつつ。

 

実家の改造部をチェックしに移動。

 

そこからがまた、映画を観るために予約して移動。博多まで・・・・・

ニノの「ラストレシピ 麒麟の舌を持つ・・・・」です。

映画は大変良かった。豪華な料理が出てくるので、お腹がすきすき

時計を見れば、既に午後7時すぎ・・・ということで、kitteで食事。

 

ちょうど大阪から戻ったばかりの次女と合流。食事です。

 

イルミネーションがクリスマスバージョンで見事です。

ひと時のほっとする瞬間・・・・恋人たちの動向も気になるところ。

胸02

 

いるみ01いるみ03胸03

 

 

胸04

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 14:31

映画・本

野村望東尼(もとに)

JUGEMテーマ:日記・一般

勤王の志士たちとのつながりを咎められ

福岡藩から姫島への幽閉をいいわたされた「野村望東尼」

志摩歴史資料館で資料展を見た。

 

以前から興味はあったし、姫島を訪れた時、あの牢獄を見ていたので

実際のそこでの生活の様子や手紙のやりとりなど

更には島の住民とのやり取り。なかなか興味深いものがあった。

 

のむら01

 

最終的には、10ヶ月間の投獄の後に、高杉晋作の命により助け出される。そして

長州の高杉晋作のもとに。そこで彼の看病をし、看取るわけだ。

 

高杉晋作は吉田松陰に師事し、江戸での投獄時は手紙のやりとりをしていたそうだ。

その時の松陰からの手紙(死生観)が下の文章↓↓↓

 

晋作

 

更に、彼の辞世の句

 

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

 

そのあとに望東尼が付け足す。

 

「すみなすものは 心なりけり」

 

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 11:36

映画・本

あしたは最高の始まり

JUGEMテーマ:日記・一般

 

続けざまに、KBCシネマに映画を観に。

隙間をぬって・・・・・

 

『あしたは最高の始めり』

 

新聞で紹介されていたのを見て、気になっていたが

こんなに素晴らしい、愛情の溢れた映画は久しぶり。

大絶賛ですね・・・・観客も多かった。

 

KBCシネマで上映してるのがもったいないくらい。

多分ロングランで、他の映画館でも上映されるかも?

 

これは是非とも観て欲しい映画です。

 

ただ、ハンカチを忘れないように・・・・

予告編を観ただけでも、思い出して泣けてきます。

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 09:05

映画・本

サクロモンテの丘

JUGEMテーマ:日記・一般

 

もう何年前になるかな?ひとり旅をしたスペイン。

 

アンダルシア、グラナダのアルハンブラを訪れた後に

サクロモンテへひとり足を向けた。

 

そこは、ムーア(アラブ)人が最初に作った?洞窟住居のクエバ。

そこにはジプシーたちが住み着いて、フラメンコのタブラオがある。

それを目指して、探して、丘を登った。

 

登る途中で、ある男が私に声かけてきた。ガイドするからミルペセタよこせと。

結局半分に値切って(500円くらい)彼についていった。

すると、正しくクエバの住居を見せてくれた。そこのおじさんは

銅製の食器を作って売っていた。

それから、ギタリストのホセを紹介してくれた、私がギターしてると話したら

習えと・・・・・結局2日間彼のところに通った。

更には彼が出ているタブラオ(フラメンコショーを見せるお店)を教えてくれた。

夜の9時くらい?再度サクロモンテの丘を訪ねて、スペインで初めての

フラメンコを観た。

 

まさしく、その時の記憶が蘇る映画・・・・でした。

映画というかドキュメントで、ここサクロモンテの歴史から

ここで生まれて生きてきた面々の自己紹介と歌にギターに踊りに。

実に、生々しくこの街の空気が表現されていた。

 

また訪れたいものだ。

 

KBCシネマ・・・にて今日がラスト:19:15〜


シルバーの特権(^^ゞ

映画館のカウンターの彼に、免許証を見せるときに、今日が誕生日なんよ・と

彼はニコッと(^^ゞ

62回目の誕生日、また違った記念になりました。

 

ついでに当時の写真を数枚・・・・july 1988

ホセタブラオ

  • 2017.09.15 Friday
  • 09:10

映画・本

映画「関ヶ原」

JUGEMテーマ:日記・一般

 

珍しく用事のない日曜日

 

映画も美術館も大したものやってないような・・・・

 

と検索。?「関ヶ原」いいかも・・・岡田くん主役だし。

 

ということで、急遽予約してTジョイ博多まで

 

 

すごいキャストですね。そして原作は司馬遼太郎・・・これは?

 

でも映画的には、超娯楽大作?!

 

内容的には??どうかな?これが真実とは思えないけど。

 

やはり原作を読むしかないか。司馬遼太郎「関ヶ原」

 

1992作の749ページ?おいおい、久々の長編ですね。図書館で予約してみた。

 

  • 2017.09.04 Monday
  • 08:51

映画・本

映画『花戦さ』

JUGEMテーマ:日記・一般

 

映画「花戦さ」早速観てきました。

 

今回は中洲の大洋へ・・・

昭和なレトロな映画館で実に落ち着く空間です。

観客もなぜか?昭和生まればかりなり。

 

応仁の乱後の戦国時代に、花を生業としていた池坊専好

実在の人物だそうだ。が主人公。

 

以前「利休にたずねよ」という映画で千利休が描かれていた。

秀吉の怒りにふれ、切腹に追い込まれる。その話の

裏腹に今回のストーリーが絡み合う感じ。

なかなか面白い映画になっています。

 

私がもっとも印象に残っているのは、絵の上手い娘「れん」

役をしていた森川葵・・・実に存在感があった。将来が期待される。

彼女の父親は?猿の絵を書く・・・若冲???あの猿の絵は若冲だよね(^_^;)

 

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 10:00