Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

登山

白糸の滝から羽金山へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週末もやはり山へ

走るのも考えたんですけどね、やはり山がいいかな?

それも天気が曇り予想でいまいちだったので、眺望もあまり期待できないということで

そういえば、糸島の7座・・・・今年登った山を考えると

西から、十坊山・浮嶽・女岳・二丈岳・今回の羽金山・雷山・井原山と

今回ので制覇になります。

 

ということで、出かけました。毎年走って登る白糸の滝から登るわけで

しかし、メインの入り口はまだ通行止めのまま、遊歩道の駐車場へ回り

そこからのスタートです。距離がその分1キロ程度増える。時間にして30分増し。

 

haga01

羽金山山頂までは電波時計送信施設用の管理道路をたどったので

全部舗装してある書道を登るという、なんとつまらない状況でした。

山頂が施設内ということから、ゲートからピンポンして中へ入る。

そこには900mの山頂標識があります。

 

haga02

 

しかし、そこからの縦走路が最高に気持ちよかった。

きついアップダウンはほとんどなく、枯れはの絨毯の上を歩く。

幸せなコースでした。ずっとここを歩いていたくなる。

贅沢な・・・・

haga03

 

途中に河童山というのを通過・・・そこからは

先週登った女岳と浮嶽、そして二丈岳も見えてました。かなり遠い。

 

haga04

 

いや、期待してなかった分満足度も増してます。

帰りに白糸の滝へ…丁度お昼時ということで、滝の前でおにぎりを頬張る。

季節外れということで人はほとんどいません。独り占めの滝です。

 

そこから渓流沿いの遊歩道を下ると

なんと途中に小さな水力発電所が・・・・そのそばにある紅葉の

落ち葉が綺麗だこと・・・

 

haga05

 

写真にとっても綺麗。黄色から真っ赤へグラデーションがお見事!

 

haga06

 

この7本の山の碑・・・実に愛嬌があって素敵。

 

haga08

左から十坊山君・・・・右端が井原山君です。

下る途中のうどん屋の入り口にあります(*^^)v

 

haga07

  • 2018.12.01 Saturday
  • 18:01

登山

女岳〜浮嶽〜二丈岳

JUGEMテーマ:日記・一般

 

一昨日の土曜日・・・・

天気が良いので思い切って、女岳と浮嶽に登ってみようと

 

しかし、朝のうち気温低め!ちょっと自信ないけど、

車で真名子キャンプ場へ向かう。

 

着いてみると、紅葉が見事に色づいていて眩しいっこと。

絶好の登山日和?!(*^^)v

 

準備して登りだすと、いきなり霜が降りてました。

やっぱ寒い!

 

女岳を目指す。

イノシシの朝食の形跡があちこちに!

でも誰にもすれ違うことなく。

 

めだ01

 

何とか無事に女岳山頂に到着。

眺望期待外れで、一息ついたのみで出発

 

下りかけると、前方に浮嶽の姿がとんがって見えます。

随分と高く感じます。

 

目だ10

 

 

目だ09

 

浮嶽の登り口、指標を頼りに、更にはYAMAPを頼りに

コースを修正して・・・

しかし、獣道みたいなコースもありです。なかなか・・・

 

方や車道が並走しているところもありで不思議な感じ。

帰りはその車道を下りたんですけどね。

 

めだ08

 

浮嶽山頂に到着、丁度お昼時ということで準備した🍙に舌鼓。

 

知り合った男性と情報交換・・・

 

「近場でいい山ないですかね?」

 

「黒髪山がお薦めです。」

 

だそうです(*^^)v  次はそこかな?

 

めだ07

 

一旦、真名子まで下りて、時間的にも足腰にも余裕ありそうなんで
先日登った二丈岳へ再度登ることに。

 

めだ06

 

真名子からだと45分くらいの片道。勢いよく25分で山頂まで・・・

さすがにここでは多くの登山者にすれ違い言葉を交わす。

下の写真のように登り路の景色も大好きです。

 

 

目だ05

 

やっぱ、二丈岳が眺め最高!

遮るものなく、海も見渡せて・・・・

 

先ほど登った「女岳」に「浮嶽」が見えます。

めだ04

 

地図で見ると、この糸島半島を見下ろす感じです。↓↓↓

 

めだ03

 

山頂から見ると、こうなります。↓↓↓

 

二丈深江から、

ラウべンコロニーの半島

 

その先が芥屋の半島部分

そして彦山

その奥に西浦方面へと

 

最高の天気で最高の眺め・・・・これはやめられませんな(^_-)-☆

めだ02

 

  • 2018.11.26 Monday
  • 11:25

マラソン

壮年駅伝2018

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今年も押し迫って、恒例の大濠壮年駅伝開催です。

 

年々、管理事務所からの要求が厳しくなる中で、

よくぞ我慢して継続してくれています。

主催の大濠ランナーズに敬意を表したいです。

 

そして、今年我がTMでは2チーム構成。

筑女駅伝部上がりのハネコちゃんが入って、

がぜんスピードアップのチーム、に加えて、

プレミアム!そう、壮年どころが熟年ぞろいのチームです。

平均年齢は????

日頃走ってないのにこの時だけ?のメンバーも(*^^)v

 

soune03

 

そんなか、私はもちろんプレミアム・・・7区に出走です。

昨年とおんなじ。

8区アンカーへのタスキ繋ぎが命題です!

昨年はギリギリでJETさんに繋げて・・・・

お役目を果たせたのですが・・・

 

soune02

 

今年は5分のハンディがあったのに・・・・

この下の写真は既にタスキを手に持ち

前方に待つアンカーの酔一郎さんめがけて走る私の姿。

当然渡せるものと思いきや?

寸前でピストルの音がして一斉スタート!?

 

おいおい・・・

立ち止まってうずくまる私!!!

まるで箱根駅伝みたい!とは周りの感想。

 

なんでやねん!!!

そんな大会か????

 

待ってくれたっていいやんそれ位。

あと1秒?2秒?だったのに・・・

 

来年は他の区にしてもらおう(*^^)v

 

soiune01

  • 2018.11.26 Monday
  • 11:07

登山

柑子岳〜天が岳へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

近くの山を・・・糸島半島には200M台の山があちこちにある。

これまで可也山を中心に、彦山に火山、そして立石山は

ランの練習会で何度も登っているものの・・・

先日の灘山、そして今日登った柑子岳

そして、その後天が岳(女天と男天)、両方ともに250m〜260mクラスの山である。

 

柑子岳は非常に整備された登山の周回コース。表示もあちこちにあり

ただ、階段でのアップダウンが相当なもの。階段無ければこの山は登れません。侮れません。

 

 

kouji01

 

このような階段、いやはしごがあちこちに・・・・

kouji02

 

山頂は254.5mでした。

kouji03

毘沙門天山から能古島へと眺望は開けています。

お見事!

 

kouji04

 

1時間くらいで駐車場へ戻ったので、隣の天が岳へも登ることに。

以前から気になっていた、遠くから見るととんがってる山です。

うちの近所・・・・そう、谷の善応寺から登ります。

住職に訪ねて、そして車も停めさせてもらって登り始めました。

 

ten01

 

しかし、いきなり登り口を間違える。10分ロスですが、スタートへ戻ります。

山での鉄則ですね。しかし、登り口に何ら表示はありません。全くです。

 

とちゅうも、このテープだけが頼りです。これを見逃すと大変なことになります。

ワイルドだじぇい!このコースは・・・・

 

ten02

 

唯一、表示があるのは、分岐点付近のこの看板のみ。

「女天ケ岳」  と「男天ケ岳」

 

 

ten03

 

男天が250.9m

 

tenn04

 

女天が263.2mと女の方が高くて南側にあります。

しかし、どちらも眺望は木々に囲まれて、まったく見えません。

隙間から見えるわずかな景色から、想像するしかありません。

 

天ケ岳が往復1時間半、合計2時間半の登山でした。

なかなかどうして、刺激的!ハードな山でした。

次はどこ行きますかね?も少し高い山へ

ten05

  • 2018.11.17 Saturday
  • 15:44