Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

建築

ノートルダム大聖堂・火災

JUGEMテーマ:日記・一般

 

初めて訪れたのは何年前だったか?

社会人になって、2年目?ロンドンパリのツアー旅行に

友人3人と一緒に・・・・パリのど真ん中、シテ島に建つ

まさしくパリのシンボル、パリの道路すべての起点でもある

 

朝のテレビニュースで燃え盛る様子が映し出されたとき

????あの9.11テロの時を思い出した

まもなくあの中央の尖塔部分が燃えて倒れた

 

ショック!!!ショック!!!大ショックです!!!

 

ノートルダムといえば、何をさておいてもこのステンドグラス

バラの窓

 

 

荘厳なこのミサ空間 800年以上の歴史があるんですよね

 

 

外観の・・・・この屋根部分はすべて焼失"(-""-)"

 

 

まさしく、この尖塔部分と屋根部分はもうありません

 

 

幸い、消防隊の判断で、消火活動よりも内部の芸出品や装飾品の搬出を優先したらしい

それが、一部でも被害から救われたとすれば、それは賢明な判断

石部分は燃えることはないわけで・・・しかし、まああ屋根部分は見事に

燃え尽きたものです  

 

そういえば、ポルトガルのリスボン・・・同じように歴史を持つ教会が

屋根部分を完全に崩壊して、外壁部分を残した遺跡化しているのも思い出す

 

大統領は5年で普及させると豪語しているが

それは無理だろう 今までの歴史を無視すれば可能かもしれないが

無視するわけにはいかんだろう???それとも、こういうものは

その時代時代でそういう変更を繰り返してきたので良しとするのか?

 

それにしてもすでに1000億円ほどの寄付金が

高級ブランド企業中心に集まっているそうだ

こういう文化的価値観を重視するフランスらしく素晴らしい

 

フランスだけではなく世界遺産として、世界からも寄付金は集まるんだろうから

資金的には問題ないのかもしれない  後は時間と納得性

人類は試されている

  • 2019.04.18 Thursday
  • 16:34

Comment
Send Comment