Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

ガーデニング

木蓮とこぶし

JUGEMテーマ:日記・一般

先日痛めた脇腹・・・まだ痛みが取れません。
だから散歩・・・それでも響くのでゆっくり目の散歩。
朝日を浴びて歩くのは気持ちのいい(^_^;)

木蓮01

あっという間に、開きだした木蓮の白い花⇒白木蓮が正解です。下に説明有り。

木蓮02

まるでロウソクのような形をしていますが、多分昼間には開いてしまってるでしょう。

木蓮とこぶし・・・どう違うんだ?疑問になります。区別がつかない!

そこで、豆知識(他サイトからの引用です)
まずは

■木蓮の花言葉

『気高さ』『高潔な心』『荘厳』『崇敬』『崇高』『慈悲』『自然への愛』『自然な愛情』など

『気高さ』は、モクレン属の中でも、白木蓮につけられた花言葉とされています。イギリスの王宮植物園園長だったジョセフ・バンクス卿がモクレンを中国から導入したときに、「枝先にユリの花がついている木」と評したことにちなんでいます。

■木蓮と白木蓮の違い

白木蓮は、モクレン属の1品種で、木蓮(紫木蓮)とは異なります。樹高10〜15mほどに生長し、春になると新葉が出る前に、大型で厚みのある白い卵形の花を上向きにたくさん咲かせます。

紫木蓮に比べて開花時期が早く、2〜3日ほど咲いた後に枯れてしまいます。花びらは肉厚で、満開になると強い香りを放つことが特徴です。

通常「木蓮」というと、紫色の花を咲かせる「紫木蓮(シモクレン)」のことを指し、白い花を咲かせる白木蓮とは区別されます。

■木蓮とこぶし

白木蓮とよく似た花を咲かせる「こぶし」という植物がいます。同じモクレン科・モクレン属で、白い花を咲かせるので、見間違うことがよくあります。そこで今回は、白木蓮とこぶしの見分け方についてご紹介します。
白木蓮 こぶし 違い

白木蓮 こぶし
開花期 3月中旬〜4月下旬 3月下旬〜5月上旬
花びら ● 6枚+萼3枚
● 8〜10cm
● 幅広く、厚みがある
● 6枚
● 4〜5cm
● 幅が狭く、少し薄い
咲き方 斜め上〜上向きに閉じた形 横向き〜斜め上などいろいろな方向へ開いた形
葉っぱ ● 開花中は葉っぱをつけない
● 8〜10cm
● 開花中は葉っぱを花の下に1枚だけつける
● 4〜5cm
  • 2016.03.17 Thursday
  • 09:05

Comment
Send Comment