Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

音楽

Souvenir 2014

JUGEMテーマ:日記・一般
mariya
あれは33年前?渡辺通の電気ビル。今は既に建替っているが、電気ホールでのコンサート。
コンサートがほぼ終わった時にTV中継が入るので・・・・ということで
簡単なリハーサルを・・・・そう日本レコード大賞か歌謡大賞の新人賞受賞の瞬間を
一緒に・・・・ということで

あの頃はお互いに20代・・・
私は仕事を抜けて、渡辺通を下って会場へいったな。

その後彼女は芸能活動をやめ結婚・・・それからはTVに出ることもなく
ただアルバムだけを作り続けていたのかな?
ずっと熱烈なファンでい続けたわけじゃないけれど、それでも自分の生活のどこかに
彼女の曲が流れていたような気がする。

昨日のマリンメッセでのコンサート、会場のでかさに圧倒!電気ホールはせいぜい数百名。
それに比べて1万名規模の会場。。。というよりも体育館だな。音悪そう〜〜〜(^_^;)
しかし、始まる前から観客の熱気で、会場にモヤが立ち込めていました。

始まると???いきなり、あの33年前に一気に戻った感じの曲が・・
懐かしい!

そして、変わらんな〜〜〜『まりや』なんと、来年3月には還暦だよ。
同じ1955年生まれの自分も同じだけど、20代から一気に60歳直前での再会?

どんな選曲をしたのかな?とずっと気になっていた。
バンマスの達郎と決めると言ってた。そう、バックバンドは達郎のツアーのバンド
そのまんまを引き連れて、その中には松たか子の旦那、佐張?ギターめっちゃうまいし。
それに加えて、都城が生んだ?サックスの????名前は覚えてませんがいい音出してます。
キーボードも天才的な演奏を

時間が経過するごとに、歴史を踏むように曲が変化していく。そして『駅」では熱唱。
涙がでるわ〜〜〜〜

それでもやはり好きなんだろうな?初期のアルバムに入っていた曲が多く出てくる。
私の好きな『五線紙』 に『象牙海岸』も・・・

そして一気にロック調の選曲でラストを迎える。やはり『人生の扉』がラストでした。

これでもう終わりかな????
でも、アンコールあるさ・・・と期待しつつ待つ。あるならセプテンバーだろう!!!

と、なんとアルバムと同じ「まりやヒットパレード!!」で始まり
「ふしぎなペチャパイ」いや、『不思議なピーチパイ』に『セプテンバー』を
歌い上げ、

更に再アンコール曲としては
達郎とコーラスのメンバーを加えた5名で『リンダ』をアカペラで
そして、そのあとに達郎とのデュエットで達郎のアルバムに入ってる曲を歌い

最後の最後がピアノ弾き語りでの『いのちの歌』でした。

最後はひとりステージ上で涙を拭きながら観客に挨拶を繰り返す姿を見ると
こちらも、じ〜〜〜んとしてきて、これから先にまたこういう場が
設けられるのかどうか?多分ないのかも?
それともまた60代になっても
その年代でのステージもあり得るのか?どうなんでしょうかね?

そういうことを考えつつ・・・・・
終わってみるとなんと3時間近くの時間が経過

33年の時間の経過を飛越、同じ場所での同じ時間を共にし
これからのお互いの未来に向けて、願い合う。みたいな・・・・

いいコンサートでした。味のある、歴史のある、そして重みもある。
いい感じで、歳を重ね・・・・・これから先も
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

  • 2014.12.10 Wednesday
  • 09:14

Comment
Send Comment