Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

健康

今日こんなことが

今朝、曇り空で雨が降り出しそうな天気。起きると、以外にも脚の状態が凄くよくなっていた。階段の上り下りもそう痛まなくなっている。

それで、少し散歩がてら、彦山の頂上へ向かって歩いた。
ゴルフ場のクラブハウスを通り過ぎて、少し下るところで、前方に若い女性の歩く姿が。道路には軽自動車が乗り捨ててあって。たぶん彼女の車だろう。
でもなんだか、様子が変だな。朝の7時半に、こんな山道を若い女性が一人で歩く????自分と100mほど離れているので、顔は分からないけど、たぶん20歳前後の女性で、黒のニットの上下を着ている感じ。黒いブーツを履いている。しばらくすると、そのブーツをぬいで、裸足で歩いている様子。

自分が後ろからつけていって、まるで不審者と思われても、と気を使い、ゆっくりと近づかないように歩いたのだった。しばらくすると彼女の姿が見えなくなって、あれ???と思っていると、右に入り込んだ細い山道に入り込んで、更に歩いている姿が見えた。

追いかけてもね〜〜〜と思いつつ、自分はいつものアスファルトの道路を彦山の頂上に向けて歩いた。帰りに少し走ってみようと、ゆっくりとジョギング。多少はふともも痛むものの、走れないことはない。

余り無理はしないでいようと思ったけど、雨が降り出して、それに娘たちを学校へ送っていく約束。急いで家に戻った。

それから、娘たちの学校から戻って、気になって車の場所にいってみた。すると、まだ車があるのだ。外は土砂降り状態。おいおい、彼女はどこだ?どうしているんだ?と、嫌な予感がしだして、大急ぎで家に戻り、近くの駐在所に電話。詳しい状況を説明すると、お巡りさんが確認に行きますといって電話を切った。

間もなく電話が。彼女が入り込んだ道を教えてくれということで、現場に直行。車のそばにいたお巡りさんの話。この車はどうも盗難車みたいです。ドアの鍵が壊されているし、フロントが凹んで壊れている。どうも、手前の土手にぶつかって破損しているのだ。

それから、例の入り込んだ道にお巡りさんを誘導すると、その先に畑で農作業しているおじさんが手招き。お巡りさんは一人でその方向へ行ってしまった。気になったが自分は仕事があるんで家に戻る。

一時間ほどたったときに、そのお巡りさんから電話。
やはり、その女性は自殺しようとしていたらしい。車で激突してみて、死に切れず??歩き出して、山の奥で雨に濡れながらしゃがみ込んでいたらしい。かなり衰弱していたので、とりあえず救急車を呼んで病院へ送ったという報告でした。

お巡りさんは、私の通報に感謝していた。あのまま放置していたら・・・・果してどういうことになっていたのか?確かにそうだよね。もしも・・・・・とかしていたら・・・自分もジョギングコースに使うあの場所で、そう思うと、もう早朝とか夜は走れなくなるよ〜〜〜〜と、ほっと胸をなでおろしたのでした。

それより何より、若い女性が助かったのがうれしかった。安心した。あああ、良かった。原因は何であれ、早まったことをして欲しくないです。しっかり生きて欲しいです。
  • 2006.12.13 Wednesday
  • 19:38

Comment
えー、ビックリですねー、読んでいるうちにどうなることやらと心配でした、でも助かって本当に良かった、何か事情があると思うけど、自殺を止めるため、ゆめさんが通りかかるのをみこしての神様の思し召しでしょう!ほっとしたー・・
  • kazu170
  • 2006/12/13 10:59 PM
大変でしたね〜!?

最近多いですよね、こういう話。他人の命も、自分の命も軽く考えている人が多すぎですよね。

死んだら負け。私はそう思います。
  • 那珂人
  • 2006/12/13 11:36 PM
びっくりですね。でもゆめさんのおかげ・・。いつかこの女性も感謝に変わる時がくることを祈りたいものですね。生きたくても生きれない人もいるからですね・・。とにかく良かった^^
  • ueyasu
  • 2006/12/13 11:51 PM
皆生きてる間に、いろんなことがあり、悩むし、時には死にたいと思うときだってあると思う。自分だって・・・・
でも、そこで負けてしまっては、勿体無いし、残される家族や友達が可愛そう。うちの娘がよく家出するんですよ。小さい時から、特に上の子が。
それも雨の降る時に限って、裸足で飛び出したりして。
なんだか彼女の姿がうちの娘の姿にダブってしまって、真剣に心配しました。結果的に助かって本当に良かったです。
  • ゆめ
  • 2006/12/14 7:06 AM
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback