Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

建築

今村カトリック教会

JUGEMテーマ:日記・一般

教会01

 

ザビエルが種子島に流れ着き・・・九州特に大分から長崎島原へかけての一帯にキリスト教が布教されていく。

時は16世紀・・・その後秀吉・家康によるキリスト教禁止令がでて、隠れキリシタンの時代へと。

 

島原の乱ですべては終えている?キリシタンもいなくなった…わけではなく

そして、ここ大刀洗町には大正時代にこれだけの教会を作り上げた。

そういう歴史がここにあった。とはつゆ知らず・・・

 

そう、今の現場がこの近く、現場からちらちら見えるこの建物が気になってしょうがなかった。

そして、先日大刀洗町であった「帚木蓬生」さんの講演会…そこで、彼の新作「守教」の話を聞いた。

そう、まさしくこの本の舞台なのだ。

 

雪の舞う寒い時だったけど、今週寄ってみた。その時の写真↓↓↓

教会02教会03

見事なまでのこの建物・・・・内部には入れなかったけど、隙間から見えるステンドグラスの鮮やかさと。

これはびっくり(^^)/

こんな場所に、どうしてこれまでの建物を造れた??????

教会04

 

そんな日に、なんと私の幼馴染、幼稚園と小学校時代に一番仲が良くって、家も近所で、よく遊んだ友人と50年ぶりに連絡がついたのだ。ある時突然彼の家族が引っ越して、それっきりでした。

友達の伝手で、彼は牧師をしているらしい。そして、今は仙台の教会にいると。

 

最近のSNSの普及の恩恵がここでもたらされました。

そう、彼の名前を検索すると、彼も・・・・そこに、写真もアップされて、某教会の」牧師として紹介もされており。

そくメッセージを送ると、すぐに返ってきた。なんということだ!!

 

たまたま、この一日に、仕事から大刀洗を訪れて、そこで教会を発見、更には帚木さんの本を知り

極め付きは牧師になった友人と半世紀ぶりにつながったという。奇跡に近い話ではないか?

 

と自画自賛・・・・・の一日でした。

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 12:12

建築

何家族巣立つのか?!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

建築ネタというよりも我が家事情・・・・

 

我が家の屋根裏換気口・・・・既に築年数が25年を超えて、パイプが劣化して

ついつい横っ面に穴があいてるのです。

そこから、雀が出入り・・・・今年の春から

既に4家族が巣立っていった。

 

数えているわけではないが、静かに巣作りに始まり

産卵・・・そして、卵が帰り

そのうちに、ひなが動き出し

更には外に出て、飛ぶ練習して

一気に家族ごと巣立っていく。

 

そしてしばらくすると、別の家族が・・・・・

 

要するに巣は我が家の天井裏・・・だからカラスなどの外敵から

守られるわけで、絶好の子育て場所なのだろう。

 

しかし、ひながかえり餌を求めて鳴くときのうるさいこと。

 

最近はこの屋根のラインに数匹停まって囀る姿がよく見られます。

また静かな日々が訪れるかな?

 

suzume

  • 2017.08.12 Saturday
  • 10:46

建築

我が家の大黒階段!?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

我が家の建物も25年経過・・・・・いろんなところが古くなってます。

それでも、やはりコンクリート素材そのものを仕上げにしていることは

メンテナンスの面で正解でした。ほとんど触らず、そのままの味が保てています。

当然子供たちの落書きもそのままに・・・・

 

階段01

 

我が家の中心に立つ・・・・らせん階段、鉄骨で作って集成材の踏み板を張ったもの。

子供たちが小さい時には落ちないように冊をしたことも。

更には階段の隙間をなくすためにベニヤを張った時も・・・

 

今では老犬ゆめの落下防止のために、この柵が復活しております。

なにせ、もうすぐ18歳ですからね。

 

更には義母が倒れてリハビリから戻って我が家で引き取った時に

つけたのが手すりでした。知り合いの建設会社に頼んで・・・

今では自分たちが使ってます。やはりあると便利!

バリアーフリーというよりもユニバーサルデザインでございます。

 

そういう我が家の大黒柱=階段の鉄骨部分が、当初はパープルピンク!

だったのが、日に焼けて、触られて、だんだんと色あせてき

場所によってはサビも出てきたので・・・・・ずっと気になっていたので

思い切って、塗装してみることに。

ただ、ペンキを塗るということは、養生が必要です。

それが面倒でこれまで躊躇しておりました。が

今回一念発起!!!!!

 

階段02

 

選んだ色はダークブラウン・・・当初は明るいグレーにするか?

思い切ってブラックのつや消し!とも思ったのですが

ま、落ち着いた感じのこの色に。

 

全く違和感ないですね。前からこの色だったっけ?と思えるくらいに。

 

これから先、今度は孫がこの周りをウロウロと・・・ああああ落ちる!

という声聞こえてきそう。

それも間もなくですな。

 

階段03

  • 2017.04.13 Thursday
  • 15:54

建築

棟上げ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今回木造の建物に関わってみた。

 

自然の材料を使って、本来の日本の建築としての伝統。

長いこと建築に関わってきたものの

こと木造に関しては、知らない部分が多くあるのだが・・・

 

今回の建物、木造にしては大スパン8mもあるということで

木造トラス?

ところが、丸太を使えば飛ばせますよ・・・・・ということで

なんと、杉の丸太、樹齢50年を超えるものを

星野村からトラックで運び、棟上げに

 

現地へ搬入した時には、こんなでかい梁を載せたら

建物が頭でっかち・・・不安定で大丈夫か?

 

棟05

 

しかし、好天の中、光浴びて輝く丸太は

しっかりと収まっておりました。すでに構造物の一部材として(^_^;)

 

むしろ、仕上げに隠れて見えなくなるのが惜しいくらい。

 

棟06

 

見事な木肌を見せてました。

 

そして、この材料がここまで大きく育てて、更には綺麗に皮剥までされて

この状態でなんと?7万円で購入できるという現実。

 

ほぼ自分と同じ年数生きてきた杉の木が、日本では価値を認められていないわけで

 

情けないやら悔しいやら(^_^;)

 

もっと国産材を使わないと、山が泣いてるよ。

花粉症?

ほったらかした人間へのしっぺ返しでしょう。

 

棟02

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 09:34

建築

25年ぶりの再会

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ちょうど25年ぶりの再開です。

私が担当したビル・・・・理由あって?所有者が転々と変わり

その現在の所有者からの相談アリ。

で、現地を訪れた。25年ぶりだ。

n01

 

改めて自分の作品を見て・・・なかなか当時としてはやるじゃない!と

思えた。まだ30代だし、独立してまもない時期の作品だ。

 

しかし、紆余曲折・・・25年の年月がこの建物にも様々な経験を。

人も建物も全く一緒ですね。歴史を刻んで今がある。

 

そういうわけで、この建物の現状を調査して、次に活かす。

新しい所有者のために、再度生き返らせる必要があるわけで

そこに私が関わることになるとは?「縁は奇なもの」

 

悪戦苦闘、もう一汗かいてやるか、コイツのために(^_^;)

n02

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 08:10

建築

コラムから

JUGEMテーマ:日記・一般

 

コラム01

 

今朝のコラムから・・・・私の最も嫌いな番組

「ビフォーアフター」

その番組で放送された物件で、当初の工事予算が2200万円だったのが

途中、番組・施主・建築士の要望により工事内容が変更されて

その追加工事分がなんと?2700万円・・・・それが今だに未払のままだと。

そこで、施工会社が訴訟を起こしたとの話だ。

 

案の定、やはりこういうトラブルが影では多くあったのでは?と私は

以前から思っていた。

 

考えてみれば、ありえない!!という状況の建物をリフォームして

それも高額の投資。それには設計料やその他は含まれていない。

もちろん、TVに出れば、設計士・匠?にとっては、仕事も増えるだろうから

宣伝代としてサービスしてもいいくらい?

 

ただ、この記事の場合、もともとの予算を超えるほどの追加工事?

これはいくらなんでも、常軌を逸してる。

 

ましてや、そのことについて業者へのフォローがなされてないとなると・・・

詐欺まがいの状況。これでは、訴訟沙汰にもなるわね。

 

表に出てないだけど、こんな事例がたくさんあるんだと思うな。この番組の裏では。

だから、全く観ません(^_^;)

 

*******************************************

もひとつ、昨日の早朝から大ニュースになっている、障害者の大量殺人

における犯人の動機について。

 

この記事の中で、容疑者が衆院議長あてに書いた文章の中で

 

「保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の正気の欠けた瞳」

そして

「障害者は不幸を作ることしかできない」

などと書かれていたらしい。

 

これをどう解釈するか?日本における身障者への見方・接し方

これはヨーロッパ等へ行くと感じることだが

立派な公的な施設にみんな集めて、管理すること。

それが果たしていいのかどいうか?

 

ヨーロッパでは公共の場で、家族と一緒にいる姿をよく見かける。

彼らにとっては生き方を選ぶ権利はないんだろうか?

 

コラム02

  • 2016.07.27 Wednesday
  • 14:51

建築

高祖神社改修工事・・・見学会

JUGEMテーマ:日記・一般

前回の見学会から工事は進み。ほぼ完成に近い状態に
最後の見学会に参加してきました。
本殿・・・・通常は出来上がってしまえば、まさしく神の領域
神職しか入ることができない部分です。
高祖01

区長さんの内田さんの説明を真剣に聞き入ってます。
ここまで徹底した復元工事というのも初めて目の当たりにしました。
前回はこの檜皮葺きの工事途中でしたが、綺麗に仕上がってました。
見るからに曲線が綺麗。

高祖02高祖04
屋根の下地には何層に工夫がしてあって、自然素材の耐久性をますがための技ですね。
気が遠くなりそうなくらい、時間がかかる作業ですよね。

高祖03

室内部分のかえる股?梁ですね。ここには大工さんの細かい細工が施されて
それに、顔料にて色付けが・・・・綺麗に完成してました。
緑青の緑と貝殻類の粉の白・・・が鮮やかです。


高祖05

写真では分かりませんが、あくまでの古い材料は残せるだけ残して
昔の職人の手が後世にも伝わるように、工夫されてました。
柱の材料は楠木と杉の木・・・・それも芯材の部分のみを使用しているそうで
それだけの材料が取れる木というのは、相当の年数の経った
丸太なのだそうです。

動画をアップしておきます。

まずは屋根部分


もう一つは内部の墨絵・・・その下には神様が入る棚





 
  • 2016.06.13 Monday
  • 09:47

建築

湯布院2016

JUGEMテーマ:日記・一般

先日の熊本地震で被害を受けたのは熊本だけじゃないわけで・・・・
大分、そして由布院温泉もかなりの揺れで、建物被害が出て・・・

しかし、GWを前に頑張って補修して、受け入れ態勢は万全\^o^/
だったのが、やはりキャンセル続出!特に外国からのツアーのキャンセルが多く9割源と聞いて、これは!

と電話したのが4月の末・・・・しかし、なんと?連休中の5月4日宿泊がとれたのだ。
なんとびっくり・・・で、出かけてみると、高速は由布院ICまでで通行止めとあって出口は数キロの渋滞でした。
でも、それを通過すれば街は意外と平然と・・・・メインストリートには多くの観光客に溢れていた。でも、確かにハングル語や中国語はほとんど聞こえなかった。
湯布院01

この写真は由布院駅・・・先日の余震でガラスが割れて一時立ち入り禁止になった駅舎。
磯崎の設計でした。メイン通路の真ん中が吹き抜けになり、そのトップ部分にFIXのガラスが・・

だから、今はそのガラスを内側から覆うように、ベニヤ板が当てられてました。
これは、設計者としては考慮すべき点でしたね。ま、九州でこんな地震が起こるなんて想定外でしたからね。当時は・・・・というか最近までは
湯布院02
そして、早朝ジョグで回ったときに立ち寄った1000年ほどの歴史を持つお寺、仏心寺

その花頭窓周りに入る亀裂・・・生々しく
湯布院03
そして、これは正面の門ですが・・・・かなり傾いてて相当動いたんでしょうね、貫部分が緩んだのを埋めるように楔を打ち付けてました。

湯布院04

そして、石垣はもろくも崩れ落ち・・・・そのまま放置。
聞く所によると、石垣も年代の古い部分は被害を受けず新しい部分が壊れていたそうな。まだ更に余震が続くことから補修は様子見と・・・・・
確かに、湯布院へ来た観光客がこのあたりに立ち寄ることもないのかも?

元気そうに見えるメインストリート・・・・それに比べて現実の地震の被害は生々しく残っていました。
とにかく早く余震がおさまることを、そして本格的に普及が進められることを願う次第です。
湯布院05
  • 2016.05.06 Friday
  • 08:42

建築

秋月散策


JUGEMテーマ:日記・一般

桜の名所でもある秋月城址・・・
まだつぼみが開きだしたばっかりの秋月へ出かけた

桜が見頃の時には、当然人がたくさん押し寄せて
ゆっくりと見る余裕はないだろう・・・・そいう意味では
絶好のタイミングだったのでは?

以前から気になっていたカレー屋さん
ターバンを巻いてない?カレー屋さんに入ってみました。
月の峠のカレーパンを他所に
秋月01

古民家をうまく使ってありました。ほとんど改造することなく
古くなった畳もそのままに・・・必要最低限に手を入れて
そういう意味ですごく参考になった。
秋月02

カレー定食1,000円です。2種類のカレールーとスープもついてて
それに加えてサラダです。ご飯は白米ではありません。
秋月03
デザートにおすすめのジャムを乗っけた豆乳入りのプリンです。
なかなか美味しかった。
秋月04

お腹いっぱいになって歩き出した桜並木
その途中には秋月博物館・・・・工事がほとんど出来上がって
仕上げと外構工事の途中ですね。
でも、オープンはまだ1年後になってました。出来上がってからの
展示物の準備が時間かかるのかもしれません。楽しみ・・・
秋月05

ディテールがしっかりとしてて、細部に手を抜かぬ良い建築物です。
秋月06

棟に這わせてある金物・・・多分避雷針替わり?
とっても軽快でいい感じ
秋月07
特にこの外壁に使ってある瓦???迫力あります。
秋月08
  • 2016.03.24 Thursday
  • 15:51

建築

高祖神社改修工事0221-2016

JUGEMテーマ:日記・一般

動画でアップしておきます。





  • 2016.02.22 Monday
  • 14:30