Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

登山

可也山ダブル

JUGEMテーマ:日記・一般

 

前日に彦山往復ランを久々にやって

翌日は可也山を往復ダブルに挑戦です。

というのもYAMAP仲間にそれをやった人がいて

こういう登り方もあるんだ〜〜〜〜とふつふつと

 

師吉からの登りは何度も経験してるけど

小富士からだとかなりきついと聞いている。

それを同時にこなすということでいかがなものかと

 

 

登りだすとすぐに男性ソロ二人にすれ違う…すでに降りてきてるという

まだ8時なのに

 

それからは誰にも会わずです

 

途中視界が開けると、先週登った4座が見えます

今更ながらよくぞあれを超えたな~~~と感心しきりです

 

 

山頂付近には子供たちによるクチナシの植樹・・・そしてその記念碑

それぞれに個性があって見飽きませんでした

この子たちが大人になって、可也山に登るときに

この木たちはどれくらい大きくなっているのやら?

また感慨深いでしょうね

 

山頂から今度は小富士方面に下る。

師吉からのルートはほぼ階段状に整備されているが

この小富士側はすべてきつい勾配のスロープ状

ロープがないと下りは特に滑り落ちます

 

まるで猿のように、キャッキャ言いながら本当に

滑り落ちる感じで下りました

 

 

少し前なら梅がきれいに咲いていたでしょうけど、すでに桜の季節

梅林と加布里湾越しに、糸島七座が見渡せます

左から、井原山・雷山・羽金山・二丈岳・女岳・浮嶽・そして十防山

山を知ってから、山の名前も知ってから、景色の見方も変わりました

 

そして、今度は小富士側からさっき下った急坂をのしのしと

亀のように登りだしました

そして、再度の山頂、そして展望台です

 

 

今回は人がいました

時間がまだ早いこともあり、お昼ではなくコーヒータイムです

続々と登山者が到着してきます

 

最後の下り・・・・そうですね、たぶん50名くらいにはすれ違ったのでは

天気が良かったし、季節も良いので多くの登山者が可也山に

身近にこういう山がるのは恵まれてますね

 

おおよそ、3時間の山行でした(^^)/

 

  • 2019.03.25 Monday
  • 10:06

登山

糸島4座初制覇(^^)/

JUGEMテーマ:日記・一般

 

こんなことをするようになるとは・・・

こんなことが出来るとは考えもしなかった・・・・

でも、人というのは地道な積み重ねで、いつの間にやら

まさか・・・ということが出来るようになるものですよね

 

 

山に本格的に登るようになり、山で知り合った方からのアドバイスを

そして、やはりYAMAPがアプリを使うことにより

更に仲間が増えて、刺激をもらい

 

糸島の佐賀との県境に鎮座増します山たち

西側から、十防山・浮嶽・女岳・そして二丈岳を一気に縦走するのが

今回の糸島4座です

 

更には先もあります

羽金山・雷山・井原山

このすべてを縦走したら、糸島7座ということになりますが

これは夜も歩かないと無理ですね。そこまではしたくありませんので悪しからず

 

今回はきららの湯に車を停めて、JRにて深江から福吉へ移動

そこを9時にスタートして、最後の二丈岳を深江に下って

きららの湯に戻ったのが、午後4時ということで、ほぼ7時間の

山歩きでした

 

朝のうち曇り空で冷たい風が吹いていたので、山の天気気になりつつでしたが

十防山山頂では薄日が差してきました

 

 

相変わらず、浮嶽への上りは険しい

今回は雨で滑ることはなかったので助かりましたが・・・

 

 

女岳も侮れませんが

山頂の眺望は最もつまらないかも・・

 

 

やはりここが最高の眺望ですよね

何度登っても期待通り

ここには5度目になるかな?

 

 

次は黒髪山です

  • 2019.03.18 Monday
  • 10:00

登山

二丈岳〜深江ルート

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週末は天気悪い??予定が金・土と天気よい???おいおい

じゃまた山行くか??それと、来月挑戦する予定の糸島4座に向けて

まだ歩いていない、二丈岳から深江までのルートを経験しておこうと

急遽、きららの湯駐車場に車停めて、往復しました

 

朝の内だと景色もいいだろう!!!ブルースカイを期待して

 

林道を登りだすと、おお、可也山が見えます

その後ろ陰に火山、そして彦山が見えています

ちょうど我が家からみる反対側ですね

 

 

徐々に登り勾配が激しくなり、ついにはこういう登り

やはり二丈岳らしくなってきました

一気に山頂へ

 

 

ううううん、いまいちすっきりブルースカイ!とはいかないまでも

まあ、いい天気で…春の時期にこれくらいが上出来なんですかね?

 

 

春霞?pm2.5? それとも杉野花粉?

 

 

11時前には山頂に到着し、一瞬この絶景を独り占めしました

早々に景色を観ながら昼食です

徐々に登ってくる人が・・・・

いやあ、でも絶景かな・・

カレーヌードルうまし!

 

 

ポット正解!コーヒーうまし!

 

 

これで、たぶん4月29日に決行しますが

糸島4座…自信ついたかな?どっちから登ろうか?

やっぱし、十防山からでしょうかね(^_-)-☆

 

おまけ動画・・・・フォトアプリが勝手に作った動画です↓

 

  • 2019.03.10 Sunday
  • 15:44

登山

洗谷コース(井原山・雷山)

JUGEMテーマ:日記・一般

 

連休に挑戦予定の糸島4座を目指して

一段上の登山コースに挑戦です

 

なんと、上級者向けの看板あり・・・・井原山ルートですが

やはり勇気がいります。でも経験者のアドバイスを受けて

独り登りました

結果素晴らしいコース

 

ただ、体全体を使います。ロープがないと登れないでしょうね

岩も木も土もすべて滑ります

しっかり目を見張って、全視界をしっかり見ていないと迷います

 

※これは行く途中の瑞梅寺ダム↓ 市長の言う通り水がめは尽きかけています

給水制限間近間も?

 

 

キトク橋に車を停め、早速登山口へ

梅の花越しに見える山頂・・・目指して上ります

 

 

渓流沿いの綺麗なコースです

せせらぎの音に癒されます

ただ、滑る 危ないとこありあり

 

 

何とか登り切る  最期ののぼりはここです

一気にロープで登りました これはしんどい!

ここから下れと言われても無理ですね

 

 

この4人グループ・・・同じくこの難コースを上された方々

途中ですれ違ってお互いの健闘を称えあう???

というか、糸島談議に花が咲き・・・・話が尽きませんでした(^^)/

皆さんお元気!

 

 

井原山から雷山へ

つくといきなり男性とマラソン談義に花が咲く

またかい?

山頂結構気温低いのに長話で

お互い体が冷え切り・・・風邪ひきそうに

でも、名前を知らない人とこうして親しく話ができるのは

山の特権ですね醍醐味ですね

 

 

下りも初めてのコースでしたけど、誰も通らないし

贅沢な森林浴コースで・・・・独り占めです

よっく見ると、新芽が出てきてますね

 

 

降りてきたら、椿も綺麗に・・・

でも、落ちがあります

駐車場の車が全部真っ白け

そう、杉の花粉が積もってるのです

あああ、花粉まっさかりのこの時期

花粉症でなくて良かった(^^♪

 

全行程6時間の山歩きでした・・・最大限に気持ち良かったです(^^)/

 

  • 2019.03.03 Sunday
  • 10:02

登山

大葉山登山〜家族会議

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日の日曜日も慌ただしく時間が過ぎた!

 

というよりも自分でそう仕向けている?!と言われそう

 

午後から実家へ親父の見舞いとその後の家族会議と

予定があったので、午前中は近場で山を・・・とおもいつつ

 

近場で気になる山=大葉山&光寿山を攻めてみました

大体登れるの?

という感じの裏山です。窓からそこに見えてます

 

これが大葉山

150mクラスの小さな山だけど、こういうのが一番大変なんですよね

誰も登らないから登り口は荒れてます

人を拒むように

それでも、尾根付近にはテープも

 

 

そしてこちらは 光寿山

桜井大明神の裏山になります

神社の境内から登りだして

まあ、こちらは登山道なんてないですね

それに山頂表示も三角点があるのみでしたが

 

 

そして、そこから実家へ移動して

諸々の家族会議後に 来月満88歳の誕生日を迎える

亡き母のガラス碑を決め込みました

 

位牌代わりに これに言葉を刻んで

感想はどうね?って尋ねてみたいです

家族みんなの思いを込めてもらいます

届くのが楽しみ!(^^)/

 

 

  • 2019.02.18 Monday
  • 10:30

登山

十防山から浮嶽へ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

糸島4座への布石を打つために!!!

なんてね、昨年に続いて二度目の十防山

しかし、早朝結構な雨が降っており、一時は中止を決めた。

しかし、雨はやみもしかしてこのまま降らないのではあれば

登れるのかも・・・と思い出発。

 

途中車から見える雷山山頂付近は白く雪が見えている。

これは浮岳山頂も雪が積もってるのかも"(-""-)"

 

のんさんとまむしの温泉にて合流して十防山へ向かう

なんとまあ、途中から晴れ間が見えてきて、山頂ではこの景色…もう最高!

 

 

山頂手前で追い抜いた女性、たぶん70歳くらいかな?一人で登山、

 

山頂で話したら

 

これから4座に挑戦だそうで・・・うわぁ、それは凄い!自分たちもいずれは

70歳といえ、なかなかどうして進むのが早く、ほぼ同時に浮岳山頂へと。

ここで再度挨拶・・・頑張って。気を付けて〜〜〜〜と

 

山頂付近はこの景色 

 

 

 

 

しかし、上る途中は坂が滑る滑る。特に下りは踏ん張ってゆっくりと

枝につかまると家から水滴が落ちてきて冷たいので・・・

 

合計6時間・・・下界の集落に降りると

 

そう、川沿いに河津桜の並木道・・・30本が植えられていました。

二丈の吉井地区ですね。これは見ものでしたよ(^^)/

 

  • 2019.02.12 Tuesday
  • 10:44

登山

叶嶽〜飯盛山 TM-tozan02

JUGEMテーマ:日記・一般

TM-tozan第二弾は叶嶽から高地山そして日向山を通過して飯盛山へ

ほぼ4時間トータルのアップダウンはほぼ800mでした。

今回のメンバー・・・7名です。

まずは今宿野外活動センターに集合して、のぼりは初体験のコースで叶嶽へ。

 

t01

 

ずっと階段の連続で一気のぼりです。高祖山が見えてきました。

 

t02

 

叶嶽から嵩地山へ

途中見えてくる飯盛山のお姿です。今日は晴天の予報が

どんよりと曇り空で、時々覗くお日様に感謝!

 

t03

 

飯盛山頂上到達時、ちょうどお昼時ということで

早速山飯の準備・それぞれに準備したものを

中でも手作りのカレー・・・そして抹茶のシフォンケーキ

贅沢な山飯・・・通りすがりの登山者もにおいにつられて?

声かけが・・・・ふるまえずニオイだけでごめんなさいm(__)m

あたり一帯いい香りが漂っておりました。飯時・・・

 

t04

 

t05

 

楽しみ方最高!次回はどこに行きますかね・・・・

待ち遠しいです(^^)/

  • 2019.02.04 Monday
  • 10:19

登山

蒙古山から西の浦崎へ

 

最近は登山ネタが多くなりました。

今朝は公民館掃除・・・・朝一の奉仕はつまらない。

楽しみが入れにくい!

でも、あきらめず、終わった後で山ならいける!それも近くの山なら!

 

ということで、西の浦へ車で移動。漁港の駐車場に停めて登り始めました。

そう、蒙古山158m?

先日読んだ「襲来」に渡る蒙古軍の襲来!!!

対馬から壱岐へ、そして九州玄海灘へ。

当然平戸・松浦・そして糸島今津、博多から太宰府へと

被害を被る。一説によると有明海にも襲来しているとか?

 

 

動画にまとめてみた?勝手にグーグルが編集。

まいっか・・・・この山はたぶんのろしを上げた山なんじゃないかな?

当時の幕府は鎌倉・・・そして、被害を恐れるのは、九州の重要拠点の太宰府

そのためには博多の海岸線を守る必要がある。

一番の問題はいつ蒙古軍が襲撃してくるか?それが分かり次第防備の体制づくりが・・

 

JUGEMテーマ:日記・一般

  • 2019.01.19 Saturday
  • 16:23

登山

二丈岳三度

JUGEMテーマ:日記・一般

 

山に登るようになって、初めて仲間を誘っての登山となりました。

総勢8名、TM登山部の結成!

ランナーズなのにだんだんと走らないメンバーが増幅しており、ます。

いいのか悪いのか?

でもやっぱ、連れがいるのは楽しいものです。

ペースはゆっくりゆっくりめです・・・

 

h01

 

次第にのぼりがきつくなってくる。それに夕べの雨で足元が悪い箇所あり。

 

h02

 

昔の子供の雨宿り場所・・・ここも通学路だったのかな?

 

h03

 

山頂、少しまだ雲が残っているものの、景色は相変わらず抜群です。

シルエットがリアルですね。いかにも登山者という感じ。

 

h04

 

山頂で記念撮影・・・711mの高さです。

 

h05

 

山頂を貸し切り状態でお昼をいただきました。

それぞれに携帯したものを・・・チョコレートケーキまでお手製の"(-""-)"

景色を見ながら、更においしく感じます。温かいコーヒーも・・・

 

h06

 

これまで辿ったコースをおさらいし、次回の予習も兼ねて。

次は女岳に浮嶽に十防山へ・・・・4座に挑戦するぞ〜〜〜

 

h07

 

降りてきても海がきれいに見渡せます。まもなくスタート地点のゆらりんこ橋到着

お疲れさまでした。

 

h08

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 10:15

登山

元旦2019

謹賀新年(喪中につき新年のあいさつを控えさせていただきます)

ではありますが、ま、めでたいことはいいことですから、挨拶をさせていただきます。

 

大晦日には天気のよさに誘われて、可也山へ上ってお昼を食べました。

きれいな景色を見ながらの登山登り収めでした。

 

一夜明けた元旦、朝起きてまずは桜井神社へ参拝。

例年、実家での正月を迎えることが通例だったため、考えてみると

正月をこちらで過ごすことは初めてなんですね。びっくりです"(-""-)"

 

お袋がいなくなり、親父も施設で正月を過ごすことから、更には

長女は旦那の実家で正月を迎え、次女は今ハンガリーで年越し?

 

夫婦水入らずの正月は初体験です(^^)/

 

gan01

 

いつも早朝に独り参拝する神社境内、今年は丁寧にしっかりとお参りしました。

朝からすでに大勢の参拝者が・・・

 

そこから、車で高祖神社へ移動・・・・

つい2年前でうかね?本殿の改修工事(1億?)が終了して以来の参拝です。

ここは1000年以上の歴史ある糸島では最も古い神社の一つでしょう。

桜井神社の600年程度はまだまだ若い!と言われそうです(^_-)-☆

 

参拝後にその裏山(ご神体?)に登ってきました。

高祖山そのものは2度ほど登った経験はあるものの

神社側からの登頂は初体験。

 

gan02

 

原田家の城があった山です。秀吉に攻められるまでは、そう瓦葺の建物が

山頂にあったそうです。単純に立てこものための城ではなくて

いろんなことに使用したんだろうという説明がありました。

 

gan03

 

しかし、きつい登りです。この坂を材料抱えて当時の人たちは・・・

 

そして、今回というか元旦日の出前に、内田さんたちが

この山頂の山ナビ箱に登山者への札をセットしてくれていたのです。

可也山にもありますが、こちらのはもっと立派ですね。

 

gan04

 

たぶん、置かれて最初の登山者?かもしれません。一枚頂いて帰りました。

早々に帰らないと、。山頂は寒い。往復誰も会わずに・・・

と思いきや、一組70台のご夫婦にすれ違う。あの軽装で、その様子で

山頂は厳しいのでは?とは思いつつ、挨拶してすれ違う。

 

gan05

 

高須神社を後にして、志登神社・・・ここも西暦900年あたりに

建てられた神社らしく、糸島地区ではここも古い部類に入りますね。

建物は5年ほど前に新しく改築されて、真新しく。

でも、鏡が3か所ほど祭られていました。ご神体?

 

しっかり三社参りを済ませて、今年一年さらなる良い年になりますように。

健康第一! 欲は出しません!

無理なくありのままが一番です。(^^)/

 

 

gan06

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 11:17