Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

フジコヘミングの時間

JUGEMテーマ:日記・一般

 

気になっていた映画観てきました。

彼女のコンサートは聴きに行ったことはある。

次女がピアノを習っていたのもあるし、一緒にアクロスでのコンサート

何年前だったろうか?

 

今回映画化されて、それもドキュメンタリー映画だということで

まずは感想としては監督がいいねぇ、まったく出しゃばった演出なしで

自然に彼女の生活を演奏活動を表現できてる。あってる間ずっとカメラを回していたらしい。

緊張がほぐれカメラが回ってるのが普通の状態になって初めて、自然体の彼女の姿が・・・

 

年齢不詳といいながら、いったいこの人何才だろう?

そしたら映画の中でそれは判明した。

80歳を過ぎているそうだ。でしょうね…あの風貌からすると。でも

あのピアノのタッチ・・・・音楽に対する情熱はとてもその年齢とは思えない。

毎日4時間の練習を今でもかかせない。という・・・・・人生の大半

そう60歳代後半までは天才といわれながらも、不遇な時代を過ごしてきたといえる。

 

  • 2018.07.30 Monday
  • 10:21

映画・本

Fluctuat nec mergitur

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近読んだ本です。

ゴッホをテーマにしたフィクション。

登場人物に当時パリで浮世絵を扱う画廊運営した日本人

林がいた。同じ時期に同じ場所にいたから、接点があったのかもしれない。

でも史実上の証拠はないのだそうです。

 

原田マハさんのインタビュー⇒たゆたえど沈まず

 

Fluctuat nec mergitur

「フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル」

 

もともとはセーヌ河の船乗りたちが船の先につけていたというお守りみたいな言葉で

「どんな困難があっても逆らわずにたゆたいながら、沈まず、負けずに踏ん張っている」という意味。

 

maha

  • 2018.07.05 Thursday
  • 09:25

映画・本

大迫半端ない!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

なんと、コロンビアを破り勝ち点『3』

 

大迫半端ない

 

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 14:18

映画・本

モリのいる場所 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

『モリのいる場所』映画ですね。

 

実在の人物です。熊谷守一

 

その生きざまを映画化・・・配役も山崎勉

そして奥さん役が樹木希林

 

実に味のある、独特のにおいのする映画です。

憧れます。

 

予告編↓

 

こちらは実際のドキュメンタリー( 一一)

 

生々しい話が・・・・

 

  • 2018.05.19 Saturday
  • 17:54

映画・本

映画 レディスプレイヤー1

JUGEMテーマ:日記・一般

 

スピルバーグ監督映画

ゲームの話?

バーチャルな世界での話?

車のレース?

 

いやいや、懐かしいあの映画のあのシーンが

あの曲が

蘇る

これぞハリウッド映画だろう!!!

と、面白い!!!

140分があっという間でした

 

  • 2018.05.01 Tuesday
  • 09:59

映画・本

自撮りのキミちゃん最高!(*^^)v

JUGEMテーマ:日記・一般

 

この感性!

この意欲!

この可愛さ!

 

御年90歳の自撮りマニア(^_-)-☆

 

  • 2018.04.17 Tuesday
  • 11:51

映画・本

映画 ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

JUGEMテーマ:日記・一般

アカデミー主演男優賞やメイクアップ賞を取った作品です。

 

もっとメジャーな扱いをしてるかと思いきや?

福岡ではなんと、KBCシネマのみでの上映でした。

 

でも、出かけてみると席は満席。補助席まで出る始末です。

 

内容は?さすがに主演の俳優さんの演技が群を抜きますね。

第2次大戦時、ヒトラーにベルギーが占拠され、フランスも時間の問題に。

そのフランスへ送られたイギリス軍が追い詰められ、

援軍の船が来なくて孤立する状況へ。

 

そんな中で首相に指名されて・・・・彼が国政の舵を取ることになる。

 

奥さんが偉い!これまでの我儘で、

回りのことを考えない性格を直しなさいと説得。

 

最終的にムッソリーニの仲介を得て、ヒトラーと和議に持ち込もうとする

閣僚たち、ヒトラーに属することを悲観して悩む彼は?

 

なんと、地下鉄に一人乗り込み、市民の意見を直接聞くことに。

 

「NEVER!」

「NEVER!」

最後の最後まで戦って抵抗することを選ぶ市民たちに押され

彼は大演説を・・・・・・

 

この場面ではさすがに涙が( 一一)

 

いい映画でした。決してヒーローではないですが、

チャーチルの本質を垣間見た気がしました。

 

  • 2018.04.09 Monday
  • 09:42

映画・本

映画「人生はマラソンだ」

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日見た動画、なんとタイトルが「人生はマラソンだ」

 

それも主人公、登場人物はつぶれかかった自動車整備工場のおじさんたち5人組。

 

なんとも、三流映画かな?と期待せずに観ていると

なんと、彼らがマラソンに出ることになり、本気でトレーニングを

 

そして、フルマラソンを走る。完走しないと工場は他の人の手に渡る。

失業だ。

そんな、奇想天外な結末が…これがまた感動を呼ぶ!

 

涙ボロボロ・・・・大変でした( 一一)

意外とお薦めな映画ですよ。オランダでは結構評判になった映画だそうだ。

 

初心を思い出して、自分もトレーニングに励まないと(*^^)v

と思った次第です。

 

  • 2018.03.26 Monday
  • 17:01

映画・本

映画「空海」〜「5パーセントの奇跡」

JUGEMテーマ:日記・一般

 

雨の日曜日、久々に用事のない日曜日

 

ということで、公開されたばかりの「KUUKAI」を観にキャナルへ

 

凄いスケールでお金のかかった映画ですが・・・・内容は?

シリアスさはあまりなくて、楊貴妃に纏わる伝説を映画にしたものか?

主役は猫です(^_-)-☆

 

 

少しがっかり・・・・痛快娯楽大作って感じですが

 

他にも観たい映画あり・・・・

 

 

お昼を食べたのちに、KBCシネマへ移動

 

ドイツ映画ですが「5パーセントの奇跡」

 

網膜剥離で15歳に視力の95%をなくした彼が、一流ホテルで研修して

更に、その業界で活躍するという実話を基にしたお話です。

 

いろんな国からの難民を受け入れているドイツ

主人公もスリランカ人とのハーフ、職場では

アフガニスタンの難民(医者だった)が出てくる。

 

とにかくいい仲間上司に恵まれて、彼は健常者と変わらない

社会生活を営むことに。

実話では本当に視力が95%ないことを知らせずに

仕事を15年間続けてたらしい。感動もの・・・・・(^_-)-☆お薦めの映画です。

 

 

  • 2018.02.26 Monday
  • 09:44

映画・本

ベロニカの記憶

JUGEMテーマ:日記・一般

 

映画 『ベロニカの記憶』

我が家の奥様の誕生日・・・2日遅れの

 

姪っ子の出産見舞いと

両親の世話で親父の病院へ

と時間が詰まっていたので

 

日曜日にゆっくりと映画を観に

そしてその後食事へと。

 

映画は実にわが世代にとってはリアルな内容で

身につまされるような展開へ

 

しかし、考えさせられることばかり

青春時代と現在とを行き来するストーリー展開に

次第に解明されていく、恋人と親友との真実と

 

いい映画ですね。映画らしい映画というか(*^^)v

時間あれば再度観てみたい。

 

  • 2018.01.29 Monday
  • 11:34