Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Categories

Recent Entries

Recent Comment

Archives

映画・本

Souvenir mariya

JUGEMテーマ:日記・一般

 

昨日知りました。

映画が上映されているとは?

驚き!

竹内まりやのライブ映画?おいおいそんなのあるんかい?

それも昨日で終わり! しかし、13日まで延長・・・・・

 

って、これはいかんと!早速今朝行ってきました、

Tジョイ博多へ

 

アイドルやめて達郎と結婚して、アーティストとしての活動は

子育てできる範囲、主婦できる範囲・・

 

そんな彼女がこれまでライブツアーしたのが

2000 2010 2014 3回のみ!なんと

その最後の2014は福岡でもあり、幸運にも私はチケットゲットして

観れました。あの時を思い出す。

 

 

最後には達郎とのデュエット…そのあとに

出雲大社を散策・参拝している姿をバックに

「いのちの歌」が流れる・・・・

 

良かった・・・・またライブして欲しいな。

しかし、御年63歳だよ。あのカッコよさは何だろう!

ジーンズが似合ってる(^^)/

  • 2018.12.08 Saturday
  • 16:34

映画・本

ボヘミアン・ラプソディ

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ずっと気になっていた映画、観てきました。

 

特にファンではなかったけど、とにかくラジオから当時流れていた曲ばかり。

特に、ボヘミアン・ラプソディはオペラ調のロック

 長いし、面白いし・・・その製作の様子も映画ではしっかりと

表現されていました。

ファンではなくてもしっかりと楽しめる映画です。

 

ラストにはLIVE AID 1985がそのまんま再現されています。

晩年はエイズにて40代半ばで亡くなった彼ですが

曲はたくさん残っていて今でもどこかで流れているのばかり。

 

素晴らしい映画でした(^^)/

 

こちらは実際のLIVE AIDの実録です。そっくり!どっちが本物か?

 

  • 2018.12.03 Monday
  • 15:26

映画・本

日日是好日

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ようやく封切りです。日日是好日・・・

樹木希林さんの遺作になってしました。

 

単なるお茶の映画ではないのです。

 

 

ぜひ映画館で観てください。ただ、多いです( ;∀;)

 

昨日の朝一で行きました。それも上映時間の30分前に・・・・

それでも席はほぼ埋まり、中間よりも前列の席しか取れず。

 

しかし、その後も通路に補助席を増やし、更には受付には長蛇の列!

そこで、ついにこれにてチケットは完売!

次の上映時間までお待ちください。ということに。

ああ、早めに来てよかった(*^^)v

 

 

最近KBCシネマで観たい映画

 

「人生フルーツ」ある建築家老夫婦のお話。ナレーションが樹木希林さん

 

「森のいる場所」奥さん役が樹木希林さん

 

「フジコヘミングの時間」ドキュメンタリー

 

  • 2018.10.15 Monday
  • 09:50

映画・本

自撮りの名手!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

彼女の本『ひとりじゃなかよ』 を先ほど読んだ!いや観た!

 

以前よりファンでした。89歳ですか?現在は・・・・

70歳台から始めたカメラを使って、自撮り!

 

それも全部笑えます(*^^)v最高!

 

若い時は競輪の選手だった?

子育て終わって、ご主人の趣味のカメラを手に取り

 

アートディレクターの長男に習って

 

今では・・・・・・

 

 

こちらが作品です

  • 2018.10.11 Thursday
  • 17:29

映画・本

映画 散り椿

JUGEMテーマ:日記・一般

葉室麟さんを忍んで

「散り椿」多くの彼の作品の中でも5本の指に入る?

名作ですが、それを映画化。

監督は木村大作ということで、カメラーワークはもちろん

黒澤映画のような戦い場面の血しぶきが生々しく迫力がありました。

 

いい出来です。感動しました。いろんな人生訓が出てくるんですよね。

散り椿、散るためには残る椿がいるから散れる

 

  • 2018.09.30 Sunday
  • 14:25

映画・本

一番短い説法から

JUGEMテーマ:日記・一般

 

私の好きなブログ「一番短い説法」から  by光静さん

 

『ボケた父親がのこしてくれた最後の教え』

から抜粋↓↓↓

 

お釈迦さまの代表といえる教えに
「四苦」というものがあります。

この世に生まれ、あらゆる欲に出会いながら
生き抜いていく苦悩

若さはすぐ去り、老いてゆく苦悩

臓器が弱まり、身体のバランスが崩れ
病に伏せていく苦悩

そして、この身を返上する時期が必ず来る
死、という苦悩


この
生・老・病・死を四苦といいます。

**************************************

どうぞ、という『献上の心』

 

私がやりましょう、という『奉仕の心』

 

ごめんなさい、という『反省の心』

 

ありがとう、という『感謝の心』

 

そして、はい、という『素直な心』

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 09:28

映画・本

四無量心

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今朝走ってるときに、真言宗のお寺の掲示板で見つけたもの

 

 

「慈」と「悲」と「喜」と「捨」の
4つの大きな心を育てる


歳月、人を待たず


*************************************


四無量心(しむりょうしん)


慈・・・慈(いつく)しむ心で楽を与えること
悲・・・憐(哀)れむ心をもって苦を抜くこと
喜・・・共に喜ぶこと
捨・・・我執(がしゅう)、偏見、差別を捨てて、一切のものに対して平等の心を持つこと

 

四無量心

  • 2018.09.08 Saturday
  • 10:54

映画・本

日日是好日〜映画予告

 

まだ見ぬ映画の予告編ですが・・・・・

読書倶楽部で書きましたけど、原作を読んでみました。

映画が楽しみです。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

  • 2018.08.24 Friday
  • 16:41

映画・本

フジコヘミングの時間

JUGEMテーマ:日記・一般

 

気になっていた映画観てきました。

彼女のコンサートは聴きに行ったことはある。

次女がピアノを習っていたのもあるし、一緒にアクロスでのコンサート

何年前だったろうか?

 

今回映画化されて、それもドキュメンタリー映画だということで

まずは感想としては監督がいいねぇ、まったく出しゃばった演出なしで

自然に彼女の生活を演奏活動を表現できてる。あってる間ずっとカメラを回していたらしい。

緊張がほぐれカメラが回ってるのが普通の状態になって初めて、自然体の彼女の姿が・・・

 

年齢不詳といいながら、いったいこの人何才だろう?

そしたら映画の中でそれは判明した。

80歳を過ぎているそうだ。でしょうね…あの風貌からすると。でも

あのピアノのタッチ・・・・音楽に対する情熱はとてもその年齢とは思えない。

毎日4時間の練習を今でもかかせない。という・・・・・人生の大半

そう60歳代後半までは天才といわれながらも、不遇な時代を過ごしてきたといえる。

 

  • 2018.07.30 Monday
  • 10:21

映画・本

Fluctuat nec mergitur

JUGEMテーマ:日記・一般

 

最近読んだ本です。

ゴッホをテーマにしたフィクション。

登場人物に当時パリで浮世絵を扱う画廊運営した日本人

林がいた。同じ時期に同じ場所にいたから、接点があったのかもしれない。

でも史実上の証拠はないのだそうです。

 

原田マハさんのインタビュー⇒たゆたえど沈まず

 

Fluctuat nec mergitur

「フルクトゥアト・ネク・メルギトゥル」

 

もともとはセーヌ河の船乗りたちが船の先につけていたというお守りみたいな言葉で

「どんな困難があっても逆らわずにたゆたいながら、沈まず、負けずに踏ん張っている」という意味。

 

maha

  • 2018.07.05 Thursday
  • 09:25